最後は表しまなみ!やはりここは”聖地”だったー夏の聖地しまなみ紀行(後編)

夏の聖地しまなみ紀行(中編)の続き)

しまなみ紀行の2日目は天気の崩れが予想されていたが、それに反して晴れ。

e0138081_11211614.jpg


やはり晴れていると景観も素晴らしい。

前日の疲れのせいか、橋へのアプローチの緩やかな坂も少しきつく感じる。

e0138081_11222186.jpg


e0138081_11223597.jpg


この日はまず大三島を一周する。

e0138081_11233073.jpg


前日に地図で確認すると大三島が意外とでかいことが判明。

出発前にプランを立てる時には伯方島と同じくらいと思っていたが、二まわりぐらい大きい。

e0138081_11244551.jpg


しかも前半のアップダウンにかなり苦しんだ。

遠方に来島海峡大橋が見える。

e0138081_11255178.jpg


大三島も他の島と同様にサイクリングロードから外れた裏側は人も少なく穏やかな雰囲気。

e0138081_1126343.jpg


e0138081_11273618.jpg


e0138081_11275737.jpg


この辺りから来島海峡大橋のライトアップを見てもきれいだろうなぁ。

きついアップダウンを過ぎると廃校になった学校の校舎を利用した宿泊施設にやってきた。

e0138081_1132572.jpg


e0138081_11322843.jpg


学校だった当時の看板もそのまま残っている。

少し見学させていただくと、懐かしい風景があふれていた。

e0138081_1133524.jpg


e0138081_1134123.jpg


私が通った学校はすべて鉄筋コンクリートだったが、木造の校舎には温かみを感じる。

e0138081_11343288.jpg


e0138081_11355816.jpg


合宿施設かと思ったがタイトルは民宿となっていた。

e0138081_11364729.jpg


e0138081_11371373.jpg


e0138081_11373251.jpg


e0138081_11374914.jpg


廃校になってもこの民宿のように何らかの形で校舎を残すのはいいアイデアだろう。

卒業者をはじめ先生や関係者にとっては特にその恩恵は大きい。

今度はここに宿泊してみたいものだ。

ここからも比較的緩やかながらアップダウンは続いた。

こんなに距離あったっけ、と根をあげそうになったころにお楽しみに一つに到着。

e0138081_11405369.jpg


伯方の塩工場。

その中にあるソフトクリーム販売所。

e0138081_11413556.jpg


ここの伯方の塩ソフトが最高。

e0138081_1142421.jpg


とてもミルキーな食感に伯方の塩によってより甘さが引き出されている。

ただあまりに暑かったので帰ってのどが渇くことになったのは残念だ。

もう少し涼しい時期のほうが満足度は大きいだろう。

そして宮浦に入り、大山祇神社へ。

e0138081_11444963.jpg


e0138081_11452012.jpg


この門は作られたばかりで前回来た時はなかった。

e0138081_11461469.jpg


門の両端はスペースだけ用意されているが、おそらく龍神雷神の像が収められるのだろう。

e0138081_11475111.jpg


樹齢2600年の大楠。

e0138081_11485281.jpg


e0138081_1149666.jpg


十七神社。

e0138081_11502071.jpg


長棟造りで平安様式が残されている。

e0138081_11511113.jpg


大山祇神社は伊予国一の宮なのでここに国中の神々を祀ったという。

e0138081_1153117.jpg


ここから島の北側には自転車道が走っているが整備状況はいまいち。

e0138081_11535562.jpg


それでもみかん畑の中を抜けて反対側の海に出るルートからの景観は見事。

e0138081_11544261.jpg


e0138081_1155747.jpg


この自転車道の終点より少し先にいったところにある盛海水浴場はとてもきれい。

e0138081_11561729.jpg


e0138081_11563094.jpg


こんなにいい海水浴場なのにこんなに空いているのが不思議でならない。

e0138081_11571622.jpg


ここからしばらくすると多々羅大橋が見えてきた。

この辺りから見た橋、海、空、雲のコラボが見事だった。

e0138081_11584952.jpg


e0138081_1159495.jpg


e0138081_11591892.jpg


e0138081_115930100.jpg


e0138081_11594328.jpg


多々羅しまなみ公園で休憩。

e0138081_120584.jpg


ここで食べたデコポンシャーベットが最高だった。

これほどまで暑いとソフトよりシャーベットのほうが喉越し、後味がいい。

多々羅大橋を渡って生口島へ。

e0138081_1223841.jpg


この日はサイクリングロードのある西側を走った。

道中にあるこれまた廃校に立ち寄る。

e0138081_1234585.jpg


e0138081_124015.jpg


そして瀬戸田へ。

e0138081_1251097.jpg


瀬戸田港から商店街に向かう途中の集落がすごく感じがいい。

e0138081_125489.jpg


e0138081_126934.jpg


e0138081_1262363.jpg


e0138081_1263919.jpg


そして奇抜なデザインと色彩が目を引く耕三寺。

e0138081_1274438.jpg


今回はここに入ってみようと思っていたが、大三島集会が予定より2時間遅れたのと入場料が1200円と規格外の高さだったので予定変更。

e0138081_129019.jpg


e0138081_1293313.jpg


入園せずに外で撮影だけした。

e0138081_12102294.jpg


e0138081_12103826.jpg


ハスの花がきれいに咲いていた。

e0138081_121115100.jpg


e0138081_1211299.jpg


あまり統一感はないがそれぞれの建築物とデザインは見事。

e0138081_12123050.jpg


e0138081_121246100.jpg


e0138081_1213054.jpg


e0138081_12131578.jpg


じっくり回ると半日くらいかかりそう。

しまなみ海道に来て運悪く天気が悪い時にはここを廻っても面白いかもしれない。

そして耕三寺の前にあるドルチェでジェラートを賞味。

e0138081_1215619.jpg


これまでの訪問でいろいろ試してみたなかで伯方の塩とレモンの組み合わせがベスト。

e0138081_12155652.jpg


伯方の塩のミルキーな甘さとレモンの酸っぱさが双方の味をより引き立てる。

この日は朝食以外はろくな食事もせず冷たいものばかり。

そしてここからも再び自転車道を走り、北へと向かう。

e0138081_12174274.jpg


これは何の野菜やろ???

e0138081_12181346.jpg


体調的には問題なかったが、だんだん尻が痛くなりずっと座っておれない状態。

ちょっとした下りになれば、kimotoshiさんとシンクロするように尻をあげた。

e0138081_12202112.jpg


この日はサイクリングロードを走ったせいか多くのサイクリストと出会った。

e0138081_12211538.jpg


素晴らしい時間というのはあっという間に過ぎるもの。

尾道水道を渡るフェリーでは最後の旅情を楽しんだ。

e0138081_1222653.jpg


いやぁ、やはり“聖地”しまなみ海道。

サイクリングのしやすさだけではなく、景観の良さ、風の心地よさ、人の温かみ、すべてがトップクラスだった。

さらに2日間とも最高の天気に恵まれそれらの素材をよりグレードアップ。

今帰って来たばかりだが今すぐにでもまた行きたくなってしまっている。

今度は秋か春に来てみたいものだ。

この2日間ご一緒して下さり、車も出してくださったkimotoshiさん、お疲れ様&ありがとうございました。

今度はレモンの香りがただよい、桜が満開の時期に再訪しましょう。
[PR]
by tac-phen | 2010-08-03 04:16 | 中国地方
<< 激闘!!激辛+冷たいもんラリー パンのなる木 >>