敗北

昨日のポタリングの途中に今まで3回訪れて3回ともクローズしていたベーカリーhana

maru8さんお奨めの梅しそサンドイッチを求めて再びチャレンジ。

今回はきっちりと定休日を調べてあるので大丈夫だ。

しかし相性というのも無視できないので恐る恐る店に近付くと...

おおっ!!開いている。

e0138081_15394361.jpg


さあ、一応ロックをかけておいて...

リュックを下ろしてロックをとろうとして...

あれ???

リュックがない!?

ええーっ、どっかに忘れてきた?

思いだせない...

いや、リュックおろしたか、今まで?

おろしてないなー...

...........

....まさか、もしかして...

リュック持ってきてないんとちゃうん!?

と店の前でばたばた。

どう考えてもリュックは持ってきてないようだ。

何たる失態!!

これはいつものようにほしいものを本能のままとる、ということはできない。

がっくり肩を落としながら店内へ。

気を取り直して店内を眺めてみた。

パンがショーケースに入っていて各お客ごとに注文を聞く対面式だ。

e0138081_15411912.jpg


狭い店内に入れ替わり立ち替わりお客が出入りしている。

この店の近くには100円パンで知られているこれまた人気のパン屋、パン香房・ぶうらんじぇがある。

それにもかかわらずこの客の入り、負けず劣らずの人気店なのだろう。

e0138081_15522445.jpg


さあ、お目当ての梅しそサンドは....

....うん?

なにー!!

e0138081_15583813.jpg


売り切れ!?

”あのー、この梅しそサンド、これからできるんですかね?”

最後の望みを託した。

”いや、あれっ、もう売り切れてますねー。”

がくっ。

どこまで、どこまで、

パンハンティング歴数か月の俺を愚弄するんじゃー!!

仕方がないのでリュックはないが少しくらいなら持って帰れるやろうと他のパンを物色。

しかしよくみるとなかなかの品ぞろえ。

あれもこれも、という欲望を押させて4個買った。

支払いの時におそらく落胆ぶりを読み取ったであろう店員さん二人が同時に...

”事前に電話をいただければお取り置きもできますよ。”

と優しく声をかけてくれた。

このままだとおさまらないのでパン香房・ぶうらんじぇへ。

e0138081_1673483.jpg


前回来たときにも食べて絶賛したぶうらんじぇ・ランチで落ち着こうではないかと。

しかし...

e0138081_16102555.jpg


なんでやー!

どこまで、どこまで、この俺を!!

席をとりあえずキープし様子をうかがっていたが、前回と比べてごちゃごちゃ人が多いし落ち着けそうにないので退散した。

パンハンティング、敗北の日。

買ってきたパンはまだ食べていないが、まさかこのパンも....

いや、そんなことはない。

このパンたちは期待にこたえてくれるだろう。

いや、そうに違いない。

最後の望みを託そう。
[PR]
by tac-phen | 2010-07-02 04:18
<< 1枚のサインから...探索開始! 逆よりましか?!あわててポタリング >>