予定していたサイクリングが中止!!それでも...

6月27日(日)の今日は、かーすけさんkimotoshiさんと小豆島へサイクリングの予定だった。

しかし昨晩の段階で中止が決定。

今日は自転車はあきらめていた。

するとmaru8さんからブログにコメントが入り、天気が持ちそうなので淡路島を走るとのこと。

天気が持ちそう??

すぐに天気予報見ると雨のち曇り。

微妙だ。

しばらく外の様子を見てると、雨が降りそうになく、青空も見えてきた。

しかし西の空は真っ暗。

今度いつ走れるかわからないのでとりあえず走りに行くことに。

路面が心配なのでブロンプトンで出動。

武庫川は大いに荒れていた。

e0138081_14314159.jpg


このほうが川らしい。

武庫川自転車道の路面状態が気になったが、今日は日曜日だったので土手の道が車が進入禁止。

e0138081_14324752.jpg


そういえばそうやったなぁ、と思いながら走っていたがふと気付いた。

休みの日の武庫川自転車道は子供たちのクラブ活動やイベントで人が多く非常に走りにくい。

なので避けていたが、この土手の道がつかえるではないか。

すべての土手が休日車進入禁止になっているかどうかはチェックしなければならないが、もしそうならかなり使えそう。

e0138081_143536100.jpg


下流のほうに行くとこうやってパトカーを止めているところもあった。

ここから甲子園浜へ。

e0138081_14361892.jpg


いい風が吹いていたので海上はウインドサーフィンでいっぱい。

e0138081_14371610.jpg


日差しはなくそれほど気温も高くなかったが、めちゃ湿っぽく気持ち悪かったのでさすがに人は少なかった。

e0138081_14385343.jpg


次は香櫨園浜へ。

e0138081_14392225.jpg


こちらはヨットが多く出ていた。

e0138081_144034.jpg


いつもならここでゆっくり海を見ながらくつろぐが、めちゃ湿っぽかったのと西の空が真っ暗だったので今日はやめた。

夙川オアシスロードを北上。

e0138081_14412437.jpg


夙川の水量も多く、流れの音を聞きながらのライドは気持ちよかった。

e0138081_1442680.jpg


そして久々にケーズケベックへ。

e0138081_14433851.jpg


ラスクを2種類買った。

ここから甲陽園を経て、汗だくになりながら登りをこなして関学へ。

e0138081_14453457.jpg


関学のキャンパスはきれいでアート作品のよう。

e0138081_14461650.jpg


休みの日だというのに結構学生がいた。

e0138081_14465298.jpg


そして仁川から宝塚へ。

篠山サイクリングの時にSAWさんがいっていた箕面まで抜ける道を走ってみることにした。

e0138081_14503330.jpg


右が176号で左の道を進む。

この道の細さと国道との並びでもしかしたら旧街道かもと期待した。

e0138081_14513522.jpg


しかしずっと片側一車線の道が続く。

e0138081_1452176.jpg


どうも旧街道ではないようだが、どういうふうに走っているのかますます気になった。

ずっと進んでいくと、先日の伊丹・宝塚山本ポタで立ち寄ったあいあいパークにつながる道だった。

ならばとその時は定休日だったベーカリーhanaに寄ってみることにした。

e0138081_14553563.jpg


これは前回撮った写真だが、今日も定休日だった。

この店とはほんとに縁がない...

というよりいつものようにきっちりとチェックしておくべきだった。

天神川沿いの道を南下。

e0138081_14572143.jpg


この道はほんとにポタリングに適している。

伊丹警察署から西国街道を東へ。

e0138081_14582792.jpg


ここの地図を見ると西国街道は171号線に沿って西宮神社につながっているようだ。

e0138081_14593373.jpg


数は少ないがところどころに旧街道を思わせるものが見られた。

e0138081_151626.jpg


e0138081_1512239.jpg


ここは伊丹から中山・有馬への向かう道の分岐だったようだ。

そして猪名川まで出たら、猪名川自転車道を南下。

この河川敷は昨日の豪雨のすごさを物語っていた。

e0138081_1534743.jpg


グランドが水没している。

e0138081_154754.jpg


奥に見えるのが川で、手前は水没したグラウンド。

自然の脅威を感じる。

こんな行き当たりばったりのポタリングでも走ればすっきりするし、何か新鮮なものと遭遇する。

楽しみにしていた小豆島サイクリングが中止になったのは残念だが、貴重な雨上がりの時間をポタリングできて満足だ。
[PR]
by tac-phen | 2010-06-27 15:12 | 兵庫
<< 好天を満喫!朝方にポタリング エンジンのグレードアップ >>