より安心できるライドへの収納の見直し

最近やっとロードでサイクリングに出かけるときの、荷物の収納に慣れてきた。

意外と入るウエアの腰のポケットに必要なものをできるだけ詰めるというスタイルでやってきた。

ウエアのポケットには...

カメラ、空気入れ、フロントフォークバー、予備チューブ、タオル、ロック、アミノバイタル数袋、小銭入れ、お札入れ

サドルバッグには...

予備チューブ、アーレンキー、タイヤレバー

ボトルゲージに...

ボトル、輪行バッグ

を入れている。

これで問題なくサイクリング、輪行とできているが、できることならば...

サプリメント“からだ燃える”の粉末、固形エネルギー源

を持っておきたい。

そこでこれを購入。

e0138081_7571136.jpg


ボックス型のサドルバッグ。

許容量がかなり増えて...

ロック、予備チューブ2本、アーレンキー、タイヤレバー

と入れることができた。

これでウエアの腰ポケットにかなり余裕ができ、

サプリメント“からだ燃える”の粉末、固形エネルギー源

この2つもいれることが可能となった。

e0138081_852345.jpg


まだ改善の余地を探っていくつもりだが、よりロングへの対応が進んだと思う。
[PR]
by tac-phen | 2010-05-30 04:18
<< 京都アースライド参加者と懇親会 ブログを通じての素晴らしい出会... >>