Road to 日本のエーゲ海

昨日の記事で書いたように5月8日(土)の昨日、中国地方のエーゲ海と呼ばれる、牛窓に行ってきた。

現地では“日本のエーゲ海”と呼んでいるようだった。

エーゲ海に行ったことがないので、とりあえずその“日本のエーゲ海”でその雰囲気を味わえることができると楽しみだった。

そして期待以上にいいところだった。

さらに海へと向かう道中がさらによかったので今日はまずそれを紹介したい。

JR西大寺駅に10時過ぎに到着。

e0138081_582141.jpg


牛窓には最寄駅が3つほど考えられたが、一番道に迷いにくそうな駅を選んだ。

久々に明るい時間の電車旅行、車窓からの景色をのんびり眺めてなかなか快適だった。

今夏は青春18切符を使ってローカル線の旅をしようという気がさらに高まった。

西大寺ははだかまつりの町らしい。

e0138081_595153.jpg


駅前のメイン通りを南下し、吉井川を渡る。

e0138081_5123316.jpg


e0138081_5125562.jpg


県道28号線をひたすら東へ。

しばらく平坦な道だったが、遠くに直線の坂が見える。

地図や車窓からある程度のアップダウンは覚悟していた。

それにしても直線の登りはきつい。

先日の篠山サイクリングではRNC7で走っていたので、ブロンプトンでの登りがよりきつく感じた。

神崎山公園に行ってみたかったが時間がないので通り過ぎた。

宿毛から県道234号線へ。

e0138081_5252727.jpg


ここから先の道がよかった。

道の両サイドには麦畑が広がっていた。

e0138081_526213.jpg


この麦が実るころには金色にこの辺りが一面金色に輝くことだろう。

e0138081_5272726.jpg


写真をとっていると一人のローディが通りかかり、軽く会釈。

e0138081_5282698.jpg


この後、二人のローディとすれ違った。

後で聞くと、この辺りはトレーニングコースとしてよくサイクリストが走っているらしく、シングルギアも珍しくないとのこと。

豪脚たちの聖地でもあるのか...

アップダウンを経て、宝伝の集落へ。

e0138081_5311233.jpg


この集落はなかなかの風情だった。

e0138081_5315911.jpg


小島があちこちに浮かぶ瀬戸内海らしい風景。

e0138081_5324762.jpg


そしてすぐにアップダウン。

e0138081_5333984.jpg


e0138081_5341046.jpg


アップダウンを経るとこういう小さな集落が洗われる。

e0138081_535551.jpg


この感じ、規模は違うが浜坂~城崎の海岸沿いを思いだす。

e0138081_5362718.jpg


牛窓ペンション村の表示が出てきた。

e0138081_5371915.jpg


鹿忍の集落へ。

e0138081_5382097.jpg


e0138081_5384490.jpg


目的地の西脇海岸。

e0138081_5392462.jpg


穏やかな自然海岸だ。

e0138081_5395725.jpg


雰囲気がゆったりしていて、それに溶け込んでしまいそう。

リゾートというより、のんびりとした海沿いの村にいるかのよう。

e0138081_5413896.jpg


わずか10キロ程度のポタリングだったが、この界隈のいい風情が味わえた。

時間を作って赤穂あたりからのんびりと走ってみたい。

そしてこの後海に出るが、そこではなるほど“日本のエーゲ海”と呼ばれるようなリゾート気分を味わうこととなる。
[PR]
by tac-phen | 2010-05-09 05:45
<< ”日本のエーゲ海”牛窓でカヤック 中国のエーゲ海?! >>