東海道五十七次ポタ:草津~水口(本編)

東海道五十七次ポタ:草津~水口(サマリー)で書いたように、4月24日(土)にmaekenさん主催の東海道五十七次ポタに参加した。

自宅から草津まで自走向かっていたときには雨が降っていたが、集合時間の10時30分にはすっかりいい天気になった。

e0138081_12532457.jpg


ロードから小径車まで様々な種類の自転車が集合。

e0138081_12544636.jpg


ブロンプトン3兄弟。

e0138081_12554145.jpg


草津駅からすぐのところに中山道と東海道の分岐があった。

e0138081_1257244.jpg


我々は当然東海道へと進む。

e0138081_12575566.jpg


旧街道らしく車のすくない道をのんびり談笑しながら走った。

e0138081_1302840.jpg


e0138081_1304447.jpg


走りだして1時間ほどで...ランチ!!

e0138081_1313112.jpg


田楽茶屋・ほっこり庵。

ここの田楽と筍、大根などの野菜がとてもおいしかった。

e0138081_135630.jpg


しかもこれでなんと700円!

店のおねぇ様たちも非常に気さくで明るくいい雰囲気だ。

ここでのランチで今回のポタリングは超のんびりスタイルと決定づけられたかも。

店を後にし、引き続き昔ながらの家並みを通る街道を進む。

e0138081_13113771.jpg


この東海道沿いには石標が頻繁に見られ、非常にトレースしやすそう。

e0138081_13124742.jpg


e0138081_13131788.jpg


e0138081_13141172.jpg


道中は常に笑顔が絶えない...

e0138081_13152477.jpg


逢坂の関を越えてからは平坦な道が続き、楽に走ることができる。

e0138081_13162390.jpg


e0138081_13165920.jpg


徳川家康が旅の途中に体調を崩し薬をもらったとされるところ。

e0138081_1318468.jpg


この辺りの街並みは往時をしのばせるものだった。

e0138081_13193850.jpg


石部宿の田楽茶屋。

e0138081_13202656.jpg


お酒のことはよくわからないがここの梅酒は砂糖を使わず日本酒に梅をつけるのでまろやかでおいしいとか。

e0138081_13215656.jpg


maekenさんいわく、ここに来るのが主目的だとか(笑)。

e0138081_1323373.jpg


e0138081_13234490.jpg


参加者のうちの何人かはここでバックパックが急に重たくなったことでしょう。

さあ、引き続き本来の目的の東海道ポタ。

e0138081_13252534.jpg


石造りのトンネル。

e0138081_13263332.jpg


時代が感じられる。

e0138081_13272114.jpg


弘法杉。

e0138081_13295430.jpg


そのそばにある小屋に弘法大師が祀られている。

e0138081_1331916.jpg


その弘法杉から一人の天女が...

e0138081_13331833.jpg


いや、上へと登って行っているようだ。

何のためらいもなく登っていく...何て勇敢な!

横田渡しの常夜灯。

e0138081_13454274.jpg


江戸時代、伊勢神宮や東国へ行くのにすぐ横を流れる野洲川を越えなければならなかったため東海道13渡のうちの一つとして重視され、軍事上的な意味からも幕府の管轄下にあったとのこと。

e0138081_1350214.jpg


他の渡し同様通常は架橋は許されず、三月から九月までは船渡し、他のつきは流路に土橋を作っていたとか。

e0138081_13521525.jpg


e0138081_13523139.jpg


そして水口城跡へ。

e0138081_1354225.jpg


e0138081_13543652.jpg


e0138081_13551333.jpg


なぜかここで足に根が生えたように居座ってかなりの時間のんびりとしゃべっていた。

e0138081_13562784.jpg


e0138081_13564371.jpg


だいぶお腹がすいてきて甘いものを欲してきた参加者が多くなり、カフェ蔵四季へ。

e0138081_13585513.jpg


リンゴのタルトと紅茶をいただいた。

e0138081_140028.jpg


ここでものんびりと談笑。

e0138081_14171131.jpg


停めてあった我々の自転車が訪れる客の注目を浴びていた。

e0138081_1418149.jpg


これでも甘味が足りないということでお店の人に場所を教えていただき、和菓子屋さんへ。

e0138081_1432542.jpg


この商店街を通る道もどうも旧街道ぽく、いい感じだった。

e0138081_1443512.jpg


e0138081_1445375.jpg


しっかり帰りの電車の中でのおやつもゲットして駅へと向かった。

e0138081_1453935.jpg


貴生川駅から輪行。

電車も比較的すいていてこれだけの人数が固まっても問題ないほどだった。

電車の中でも楽しく談笑しながら帰路へと就いた。

いやぁー、ほんとにのんびりと楽しめたポタリングだった。

旧街道の歴史情緒あふれる雰囲気と自転車仲間と気さくに巡れて最高だった。

次回は山場となるであろう鈴鹿越えとのこと。

今回のポタリングを企画・先導して下さったmaekenさんをはじめ、参加者の皆さま、お疲れ様&ありがとうございました。

またご一緒できること楽しみにしております。
[PR]
by tac-phen | 2010-04-27 15:59 | 滋賀
<< 春色鮮やか!春に染まり切ったポ... 春色鮮やか!春に染まり切ったポ... >>