RNC7の次はブロンプトンで...

先週は京北サイクリングビワイチと2日連続のRNC7でのロングだった。

なので今週はブロンプトンで...

というわけではないのだが東海道五十七次ポタの集合場所のJR草津駅まで自走で走ってみた。

朝3時に起床。

朝ご飯を食べながらもほんとに自走でいくのか迷っていた。

しかしストレッチをしながら少しずつやる気が出てきた。

ゆっくりのペースでもとにかくできるだけ走り続けていくという走り方でいくことにした。

準備を済まし、5時30分に出発。

なにわ自転車道~淀川自転車道へと順調に進む。

走り続けることにしたので写真は一切取らなかった。

淀川自転車道は以前河川敷を工事していたが、少しコースが変わったようだ。

八幡辺りから雨がぱらつきはじめる。

いやな雨だったが、本降りでもないのでそのまま走り続けた。

この後少し強くなったり、やんだりしたが、ほとんどの時間雨を浴びることになった。

そういう悪条件の中でも脚は順調。

RNC7ではすぐに肩コリが始まったが、ブロンプトンでは何の問題もなかった。

ただ少し坂になるとやはりガクッとペースが落ちる。

鴨川沿いを北上し、五条から国道1号線へ。

トンネルまでの登りは意外ときつかった。

トンネルを越えると下りだったが小雨が降っていたので路面がぬれて油断できない状態。

山科を抜けてゆるい登りを終えると逢坂峠。

ここで雨が強くなってきたので一時的に雨宿りをした。

e0138081_2043025.jpg


雨がやんで振り返ってみると旧道らしい道が側道にあった。

とにかく雨がやんでいるうちに下らないとと思ってスタートしたらまた雨が降り出した。

大津の手前から草津まではずっと雨が降り続いて厳しいライドとなった。

9時30分頃草津に到着。

久々のブロンプトンでのロングは雨でかなり厳しいものだったが、体的には意外と大丈夫だった。

やはり走りのという意味ではRNC7のほうが断然いいが、体へのダメージという意味ではブロンプトンのほうが楽だ。

RNC7でのフォームチェックをしっかりやってブロンプトンの時のように一部に負担がかからないようにしなければという思いを強くした。
[PR]
by tac-phen | 2010-04-26 07:37
<< 春色鮮やか!春に染まり切ったポ... 東海道五十七次ポタ:草津~水口... >>