カヤックと桜に酔いしれて(後編)

カヤックと桜に酔いしれて(前編)の続き)

カヤックを浜辺にあげ休んでいると、別のグループのカヤックが大勢やってきた。

どうも皆さんお知り合いらしくここで待ち合わせをしていたらしい。

少し移動してそこでランチをとることになった。

e0138081_16103260.jpg


浜辺は並べられたカヤックで埋め尽くされた。

e0138081_16275370.jpg


e0138081_16114988.jpg


海津大崎はカヤックを引き上げておく浜が少ないようでわずかなスペースに殺到して来ていた。

e0138081_16132543.jpg


込んでいるのは陸上だけでなく湖上もだった。

e0138081_1615667.jpg


e0138081_1622663.jpg


どうも複数のグループがカヤックツーリングを行っているみたい。

e0138081_16205528.jpg


やはり来るとしたら桜の時期になるのだろう。

e0138081_16171113.jpg


e0138081_16191849.jpg


昼ごはんは事前に買って持って行った方がいいということだったのでパンを2個だけ持っていった。

が、ほかの方々はものすごい量を食べていた。

maruさんにバームクーヘンをいただいたがまだまだ足らず...

こういうところにもいかにカヤックをなめていたかということがわかる。

この昼時はすでに初夏のような陽気。

強い日差しを浴びながらいろいろな方と談笑したり、ここぞとばかり写真をとって過ごした。

e0138081_16341786.jpg


e0138081_16343241.jpg


e0138081_16352510.jpg


さあ、そろそろ出発しましょうか、となって別のグループの方がカヤックを出し始めた。

それを見てトイレに行き戻ってくるとほとんどのカヤックが海に出ていた。

そこでしまったと少しあわてた。

あわてて海にダック艇を出し、こぎ始めたがすでに出遅れていた。

自分は遅くなるのがわかっていたので先にでなければと最初に思っていたのに...

しかも風のせいなのが波が少したち、なかなか真っすぐに進めずジグザグになりさらにもたつく。

前の方々の背中がどんどん遠くなって行く...

体力的には全然問題なかったが、何せまっすぐ進まない...

あまりに見かねたのだろう、後ろにいたmaruさんがロープを出し牽引して下さった。

ほんとにmaruさんには申し訳ないことをしてしまった。

必死にパドリングしながらたまに周りを見渡すと湖岸には大勢の花見客。

いかにも漂流していた難民が護送されているようでめちゃ恥ずかしかった。

それに巡視艇が何か叫んでいる。

はっきり何を言っているのか聞き取れなかったが、こちらに向かって行っているような気がした。

後で皆さんに聞くとこの巡視艇はライフジャケットを身につけず航行していたヨットに向かって警告していたらしい。

そうはいっても牽引していただいたおかけで皆さんに追いつくことができた。

maruさんどうもありがとうございました。

湖岸にあるカフェで休憩。

e0138081_1654130.jpg


マンゴージュースを飲んでほっと一息。

こんなところにカフェがあるなんて知らなかった。

しばし談笑。

e0138081_16563418.jpg


休憩後は真っ先に湖に出て、後の方が艇を出すのも手伝わず(すみません...)、今度は先にひたすらこぎ始めた。

今度は波も風もなく行きたいところに艇を持っていくことができた。

それでも皆さんにあっさり追いつかれた。

マキノの湖岸に到着後は、皆さんのカヤックに試乗させていただいた。

ダック艇とは違い両サイドはシャープで沈防止のためのエアーもない。

乗るのも一苦労だった。

ただ走りだすとその推進力は素晴らしかった。

遠くを見て、自分の行きたいと思うポイントにまっすぐ進む。

しかも速い!!

水の抵抗がないかのように湖面をすべるように進む。

パドルを湖面に引っかけてしまうと艇が傾き沈しそうになるが、それさえなければ力いっぱいこいでも大丈夫。

2艇のせていただいたが、やはり見た目もシャープでかっこよく自分がかっこよくなったような気分だ。

最後に波打ち際で曲がるときに使うテクニックで、艇を傾けてバランスをとることを試してみたがめちゃ難しい。

すぐバランスが崩れて沈しそうになる。

やはりカヤックは見た目の優雅さに隠れた数多くのテクニックとバランス感覚が必要なんだと思い知った。

片付けが終わった後は踊り子さんのBD-1、maruさんのロードの試乗会。

maruさんのロードにのせてもらったが、ホイールの威力ってこんなにすごいものかと感動。

しかも湖岸道路を風を切りながら走ると気持ちよかった。

とにかく素晴らしい一日だった。

初カヤックに始まり、去年から見たかった湖上からの海津大崎の桜、そして親切で底抜けに陽気なカヌーイストの方々との談笑。

数々の楽しみをギュッと濃縮したような濃密な時間を過ごすことができた。

e0138081_17244034.jpg


このような機会をいただき、準備、指導、先導とすべてにお世話になったいぬパンダさん、そしてもたもたする私を親切にサポートして下さったmaruさん、ワイキキさん、踊り子さん、てるさん、けんやんさん、チヌークさん、本当にありがとうございました。

またご一緒できること楽しみにしています。
[PR]
by tac-phen | 2010-04-15 17:28 | アウトドア
<< いよいよ明日... 行きつけの町のパン屋さん:モーニング >>