カヤックと桜に酔いしれて(前編)

先日の記事で少し書いたように、4月10日(土)にマイミクのいぬパンダさん企画の海津大崎でのカヤックツーリングに参加させていただいた。

私はカヤックを所有していないどころか、過去に一度ほんのちょっと乗った程度の超初心者。

そんな私がこのカヤックツーリングに参加することになったいきさつを少し。

もともとカヤックって気持ちよさそうやなぁという漠然とした興味は持っていた。

しかし、さらにその興味が深まっていったきっかけは二つあった。

まず、去年桜を見に海津大崎をポタリング

琵琶湖岸に沿って並ぶ桜並木に感動。

写真をとりまくっていたが、その時琵琶湖上をすーっと静かに心地よさそうに走るカヤックを見かけた。

e0138081_16583962.jpg


湖上からこのダイナミックな桜はどのように見えるんやろ?!のんびりと眺められてええなーととてもうらやましかった。

そして、去年の秋、四万十川に行った時。

川沿いを自転車で移動する我々にと並行するように日差しできらめく川をすべるように下っていくカヤック。

e0138081_178109.jpg


e0138081_1783682.jpg


めちゃ気持ちよさそう!!

今度来た時は絶対カヤックやな、と心に決めた。

それ以降、自転車つながりでカヤックをやっておられるムッシュkazzさんやmaruさんからいろいろお話を聞きさらに刺激を受け、一度ポタリングでご一緒したワイキキさんからご自身も影響を受けたといういぬパンダさんに連絡をとり、機会があれば是非とお願いした。

しばらくしていぬパンダさんがカヤックツーリングの企画を告知され、しかもそれが海津大崎で桜鑑賞!!

これは何としてでも参加したい!!

しかし参加される方々はベテランばかりだし、カヤックを持っていないうえに超初心者の私が参加させてもらえるのだろうか...

願ってもないチャンスだし、ダメもとで問い合わせたら快く承諾して下さった。

しかもカヤックをはじめ、ウエアなども用意して下さるとのこと。

その心遣いにめちゃ感動!!

自分の思いだけで何も考えず参加希望をし、いつものレーパンとロンTで行こうとなめきっていた私はここまでやっていただいてただただ恐縮すると同時に心から感謝した。

そして当日。

10時集合だが、その前に練習する機会を作ってくださり8時30分にマキノの高木浜駐車場で待ち合わせなので始発で出発。

マキノ駅を出ると、”tac-phenさんですか?”と声をかけられた。

なんと、いぬパンダさんがマキノ駅まで迎えに来て下さっていたのだ。

初めてお会いするが輪行袋をかぶせたブロンプトンで私だとわかったとのこと。

しかしあまりの心遣いに感謝の念が堪えません!!

駐車場に行くとすでに多くの方々が準備やすでに湖上に出ておられいやがうえにも気分が高まってきた。

e0138081_17413673.jpg


カヤックはこのように車の上に積んでくるんだねー、とそんなことにも感心してしまう。

用意して下さったウエア。

e0138081_1743365.jpg


先述のようにロンTにレーパンで乗るつもりだったとお話しすると、沈したら死んでしまうよとのこと。

なぜなら湖北の水は雪解け水が流れ込んできていて、めちゃ冷たいのだとか。

ほんまにカヤックをなめすぎていた。

私がのるカヤックは...

e0138081_17472617.jpg


ダック艇というらしい。

ゴムボートのように左右に空気を入れ、沈しないようになっている。

ではカメラを持って行ける、とほくそ笑んだがパドリングの時などに水しぶきをかぶるのでやめた方がいいとのこと。

皆さん防水機能付きのカメラを持っておられた。

というわけで、私の華麗なるカヤッキングシーンをはじめ湖上からの写真は一切ないのでご了承を。

皆さんのカヤックと並べてみると...

e0138081_17534199.jpg


ダック艇は安全重視なのがよくわかる、私にぴったりだ。

こんな海賊仕様のカヤックも。

e0138081_17551192.jpg


それにしても皆さんのカヤックはかっこいい。

さあ、まずは練習。

いぬパンダさんに陸上でパドリングの仕方を教えてもらい早速湖上へ。

なるほど、沈しそうにないがまっすぐ進むことすら難しい。

それどころか力の加減を間違えるとその場でくるくる回ってしまう...

この時点でお気楽モードから真剣モードへ切り替え。

何度やってもなかなか前に進まないし、進路が定まらない...

1時間ほどしてなんとか前に進めるようになったがこんなことで大丈夫だろうか?!

10時過ぎに参加者が全員到着し、準備している間に私だけ先出発させていただいた。

目指すはここ...

e0138081_1833782.jpg


駐車場についた当初は近く見えた海津大崎もこの時はめちゃ遠くに見えた。

ぎこちないパドリングでうろちょろ、のろのろ。

おそらくご夫婦だろう、2人乗りのカヤックにあっさり抜かれていく...

この桜並木まで半分くらいの距離に来たころにすでに皆さんが追いついてきた。

速っ、いや、俺が遅いのか?!

しかしゆっくりと大きく見えてくる桜並木は壮観。

これは陸上からは見れない景色で感動。

桜並木の下について岸沿いに桜を見上げながら艇を走らせるのが快感。

人と車でごった返す陸地を見て、のんびりといける私は優越感をも感じてしまった。

このダック艇なら桜を観賞しつつ、和菓子とお茶なんてことも可能だろう。

去年の海津大崎をポタリングしたときに見たカヤックをいま自分がしている...

しかも想像以上に素晴らしい!

そんな感動に浸りつつ、のんびりと進んだ。

そして昼食ポイントの岸へ。

ここで初めてゆっくりと桜の写真をとった。

e0138081_1819624.jpg


桜はほぼ満開。

e0138081_18264764.jpg


e0138081_18271477.jpg


しかも曇りの予報を跳ね返し、見事な晴天。

e0138081_1816443.jpg


e0138081_18171766.jpg


桜と水の相性はよく、とてもきれいに見える。

やはり桜と水の相性はいい。

e0138081_1820286.jpg


e0138081_18204897.jpg


そして今回はカヤックも主役。

e0138081_18225273.jpg


e0138081_18231738.jpg


e0138081_18235896.jpg


e0138081_1825819.jpg


練習時には苦しんだもののカヤックも順調に進めることができ、湖上からの景観も最高。

これこそ去年望んでいたものだった、しかも想像以上に優雅だ。

とテンションあがりまくり。

しかし、後半には試練が待っていた...

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2010-04-13 18:37 | アウトドア
<< 走りに行けそう...かな?! ごぶさた... >>