竹ノ内街道から奈良へ、起承転結の旅(後編)

竹ノ内街道から奈良へ、起承転結の旅(前編)の続き)

竹ノ内峠を越えると急な下り。

e0138081_937527.jpg


しばらくして先頭を走っていたkimotoshiさんが後ろを振り返り、”バーストやー!”と叫んだ。

またもこの男に災難が降りかかったが、あの急坂を下っている途中のパンクなので何の事故もなく不幸中の幸いだった。

登りの際にローディがガードレールに衝突し、道に倒れているのを見て下りは間隔をあけて慎重に下ろうとお互い言いあっていた。

それで後ろとの間隔も十分とっていたのもよかったのだろう。

ともかく道の端によりパンク修理。

e0138081_946144.jpg


トラブルを何度も経験しているのがここで強みとして生き、パンク修理はあっという間。

しかしエアーを入れてタイヤの回転具合をチェックしてると大きな音で”プシュー”とエアーが噴き出す音がした。

そのとき偶然通り過ぎたトラックのエアーの音だと思ったが不幸にも修理したタイヤからのものだった。

ブロンプトンマスターたちが集結し原因を探るとどうもタイヤの劣化が原因。

するとさすがkimotoshiさん、物欲魔人と唸るような対策法をとった。

なんと1000円札を取り出しタイヤの劣化部分にそれを当てたのだ!!

トラブル続きでとうとう気が狂ったのか...

大事な盟友が精神異常に陥るなんて...


と思っていたら、どうもブログか何かで他のサイクリストがそういう応急処置をとっていたのを見たことがあったらしい。

紙幣の紙質は丈夫なので適しているとのこと。

”そやけどそんなことしたら新たな罰を受けるんとちゃうか?!”

と言ってはみたものの他に方法もなくしかたがなかった。

そんなこんなで何とか走れる状態になり、坂を再び下った。

坂の途中から側道へ。

e0138081_9583377.jpg


再び竹之内街道に入り、情緒あふれる街道筋が見られた。

e0138081_100888.jpg


e0138081_1003836.jpg


e0138081_1012382.jpg


e0138081_102788.jpg


この竹ノ内街道は日本最古の官道で、推古天皇の時代に難波と飛鳥京を結んでいたとのこと。

e0138081_1053147.jpg


e0138081_10637.jpg


さすがにそこまで古いとその時代を感じることは難しい。

e0138081_107998.jpg


しかし竹ノ内峠を挟んで旧街道が今でも生きておりその街道沿いには情緒あふれる建物が並ぶこの街道を走るといかに昔の人がここを通るのに苦労したかがよくわかる。

竹ノ内街道をはずれ、当麻寺へ。

e0138081_1010776.jpg


e0138081_10103757.jpg


e0138081_10135585.jpg


この当麻寺でも桜が咲き誇り、重厚感のある寺社建築物をバックにきれいに映えていた。

e0138081_10142247.jpg


e0138081_10144774.jpg


お寺自体も非常に落ち着ける場所だ。

e0138081_10152177.jpg


e0138081_10154391.jpg


e0138081_1017599.jpg


桜が咲き誇るこの時期は彩華と質素さがお互いに強調しあっている。

e0138081_10205063.jpg


e0138081_10213488.jpg


e0138081_10221435.jpg


当麻寺への参道も撮影欲をそそるいい雰囲気だ。

e0138081_10235975.jpg


e0138081_10242194.jpg


e0138081_10245445.jpg


e0138081_10252026.jpg


そして中将堂で草もちを購入。

e0138081_102722100.jpg


草もちを箱に詰める作業を見てると、口の中に唾があふれてきた。

e0138081_10281137.jpg


e0138081_1029247.jpg


そして近くの桜並木の土手でJET BOILタイム。

e0138081_10303425.jpg


kimotoshiさんがトラブルのお詫びにと気を使って買ってくださった草餅、タカやんさんの奥様が作られたカステラ、こっさんさんのハワイ土産のチョコ、A2Cさんが持参して下さったコーヒーをいただいた。

豪華な和洋折衷のティータイムを満開の桜並木の下で送るというこの上ないぜいたくだった。

e0138081_10391175.jpg


e0138081_10395064.jpg


e0138081_10404334.jpg


そして西へと進み大和高田を通り抜け...

e0138081_10425639.jpg


e0138081_11113230.jpg


日が傾きセピア色に景色が染まるころに今井町に入った。

六斎堂でカステラを購入。

e0138081_10454984.jpg


ここのカステラは最高!、と赤トラ乗りさんの強力な推薦。

e0138081_10465441.jpg


店のおばちゃんの笑顔が愛くるしい。

今井町にはいつも朝一番に来ているので夕景に染まる街並みを見るのは初めて。

e0138081_10482288.jpg


e0138081_10483722.jpg


光の感じが違うだけでこれほどまで違って見えるのかと感動。

e0138081_10492731.jpg


e0138081_10494420.jpg


路地一つ一つも違って見え全く別のところに来ているみたいだ。

そして以前来て門から見える桜がきれいだった寺へと行きブロンプトンを並べて撮影。

e0138081_10512823.jpg


e0138081_11122410.jpg


うーん、絵になるなぁ。

e0138081_10541966.jpg


e0138081_10544792.jpg


あまりに美しすぎる光景、桜と夕陽とそして我々の愛車ブロンプトンの共演...

e0138081_10562687.jpg


e0138081_1057731.jpg


ここだけで何枚写真を撮っただろうか。

e0138081_10585386.jpg


そして大和八木で反省会をしてそこから輪行で帰路についた。

いやぁほんとに充実し楽しんだ一日だった。

結局最後にはトラブルさえも笑いのネタに終わるところがこのメンバーのすごいところ。

ブロンプトンはもちろん、ブログネタなどでいつも大盛り上がり。

そして旧街道の落ち着きと桜の鮮やかさも合わさって素晴らしいポタリングだった。

このポタリングを企画・先導して下さったkimotoshiさん、時間がなくていけなかったが奈良のコースを考えてくださっていたタカやんさん、そしてブロンプトンが好きすぎる参加者の皆さん、本当にありがとうございました。

また素晴らしい時間を共有し、思いっきり盛り上がりましょう。
[PR]
by tac-phen | 2010-04-08 15:58 | 奈良
<< ティータイム 平日ならではのよさ >>