南島原サイクリング・ブログでつづられたスポットを巡って-Big Project(2日目・後編)

南島原サイクリング・ブログでつづられたスポットを巡って-Big Project(2日目・前編) の続き)

cycle446さんの思い出がたくさん詰まった西有家を後にし、さらに東へ。

道中の景色はもはや春真っ盛り。

e0138081_13302944.jpg


e0138081_13271867.jpg


e0138081_1328655.jpg


こうやってブロンプトンを並べて写真をとると絵ハガキのよう。

e0138081_13292023.jpg


菜の花の黄色と抜けるような空の青さが写真を引き立てる。

e0138081_13304838.jpg


そして原城跡へ。

e0138081_13334427.jpg


この原城は、島原の乱の際に天草四郎を総大将とする一揆軍が籠城し、幕府軍とたたかった城。

多くの死者を出したということで、ここで写真をとるといろいろなものが写るとcycle446さんは写真をとらずブログでもここの絵は見たことがなかった。

撮った写真にはラッキーなことに何も奇妙なものは写っていなかった...

e0138081_1338409.jpg


e0138081_1339229.jpg


e0138081_13394356.jpg


見事な景観と咲き誇る桜と菜の花のきれいな姿。

e0138081_13404186.jpg


e0138081_13413668.jpg


e0138081_1342125.jpg


何の問題もないようだが、その怨念はある男に集中して降臨することとなる。

e0138081_13452737.jpg


原城を後にし海へ向かう感じのいい道で再びブロを並べる。

e0138081_1444640.jpg


このポタリングでは何回こうやってブロンプトンを並べたことか。

海沿いを走る道ではどこででもこうやって写真をとりたいほど素晴らしい景色が続いた。

e0138081_1347561.jpg


e0138081_13482017.jpg


e0138081_1348398.jpg


e0138081_1349582.jpg


そして口之津港でJET BOILタイム。

e0138081_13502258.jpg


九州を代表するお菓子(?)ブラックサンダーをお茶受けにティータイム。

e0138081_13513538.jpg


しかしここからものすごい強風を受け、苦しみながら前へと進む。

いまから思えばこれも原城の怨念だったのか...

そして加津佐町へ。

e0138081_13535472.jpg


かつての島鉄はここまであったらしい。

この加津佐には素晴らしい自然砂浜があった。

e0138081_13554148.jpg


e0138081_1356026.jpg


e0138081_13564631.jpg


e0138081_1401284.jpg


e0138081_1454510.jpg


cycle446さんのお話ではここの夕暮れの景色が最高なのだとか。

なんとここでkimotoshiさんのカメラが砂が噛んでズームが動かなくなった。

こんな形で怨念を被るとは?!

そしてこれだけでは終わらなかった...

加津佐の町を少し散策し、ここでUターン。

といっても復路は往路と違った道を走った。

このルートにcycle446さんの気づかいが込められており、再び唸らせられることとなる。

口之津の街並みがきれいに見えるスポット。

e0138081_1492932.jpg


e0138081_14101257.jpg


e0138081_14123810.jpg


夏には花火大会があり、ここから見るのが最高とのこと。

ここからの道は往路の海沿いの道と違って集落の中を通るコース。

e0138081_1414871.jpg


このようにどこか旧街道を思わせるような道幅と雰囲気。

kimotoshiさんや私が旧街道巡りをやっているのをブログでご存じで、あえてこういう道を案内して下さったのだ。

e0138081_1416377.jpg


昔の南蛮人像。

e0138081_1418095.jpg


集落の中も車はほとんどなく、非常に走りやすい。

e0138081_1419447.jpg


またすごく風情のあふれていた。

e0138081_1421187.jpg


e0138081_14223845.jpg


e0138081_14212218.jpg


夕闇迫る時間帯の景色も素晴らしい。

e0138081_1424214.jpg


再び普賢岳が見えてきた。

e0138081_14253321.jpg


昼間の姿とは打って変わり、そごく重厚な感じ。

そしてめっきり暗くなって南島原駅に到着。

e0138081_14285230.jpg


帰りは諫早から特急白いかもめに乗って優雅に長崎へと戻った。

e0138081_14294822.jpg


かもめは普通白いのに何でわざわざ”白い”かもめっていうんやろ???

と疑問に思っていると博学のKTRさんがかつてはまず赤いかもめが走っていて、それと区別するために白いとつけたと教えてくれた。

しかもハイパーかもめなんてものもあるらしい。

そして長崎では反省会。

e0138081_14333430.jpg


全く反省するわけでもなく、ブログネタで大盛り上がり。

ここでもkimotoshiさんの注文した串だけなかなか来ず、怨念の疑いが。

店を出た後、これまたお2人にお付き合いいただき、長崎の夜景を実に唐八景というスポットに車で登った。

e0138081_14361847.jpg


いやー、本当にすばらしい1日だった。

KTRさんとの初対面から始まり、いままでcycle446さんのブログで出てきたスポットを実際に訪れることができた。

またその南島原がほんとにすばらしいところだった。

最後には長崎の夜景。

そして1日通して楽しいお話をしながらのサイクリング。

いまだに夢のようだ。

しかしこの夢のような時間も終盤に近付いていることをそろそろ感じ始めたのだった。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2010-03-30 15:55 | 九州
<< 驚 & 照 西洋風 >>