Road to かきおこ-備前・日生かきおこポタ(前編)

3月13日(土)は備前をポタリング、日生にかきおこを食べに行ってきた。

メンバーは、Jun Skywalkerさんこっさんさんoceanさんと私の4名。

私は2度目だが、他の3人はかきおこは初めて。

Jun Skywalkerさんに順次車でピックアップしていただいて山陽道に乗った。

が、いきなり渋滞の模様。

完全に停まるほどではなかったがのろのろ進む状態。

やっとそれを脱したかと思ったら今度は雨。

しかしそんな逆境の中、車内ではブログネタなどで大盛り上がり。

デポ地のJR和気駅の無料駐車場につくころには雨は上がり晴れ間ものぞいていた。

e0138081_15512417.jpg


金剛川に沿って東へ進む。

吉永から南へ山合いへと入っていく。

e0138081_15545376.jpg


感じのいい歩行者・自転車用のトンネルの前で自転車を並べて撮影。

e0138081_15561966.jpg


やはり全員ブロがーだけあって、しっかりブログを書くことを頭に入れて写真はこまめにとっていた。

e0138081_1556557.jpg


このトンネルを抜けると閑谷学校へ。

e0138081_15582412.jpg


正門の前にある梅林では梅がきれいに咲いていた。

e0138081_1559219.jpg


e0138081_15591559.jpg


e0138081_15593450.jpg


e0138081_1603175.jpg


e0138081_164218.jpg


閑谷学校の創設者である岡山藩主池田光政の御納所の椿は咲いてなかったけどいい雰囲気の回廊となっていた。

e0138081_163714.jpg


閑谷学校も2度目だがすごく張り詰めた雰囲気が残る素晴らしい建物がきれいな状態で残っている。

講堂。

e0138081_1655891.jpg


e0138081_1665773.jpg


e0138081_167321.jpg


火除山。

e0138081_169770.jpg


火の手が上がっても講堂など重要な建物に火が及ばないように木が切られている。

e0138081_16104471.jpg


切り込みはぎ式と呼ばれる隙間のない精巧な石組。

他のグループについていたガイドの話だと隙間がないとは言いながらも雨水などはこの中を流れ、下方で排水されるように設計されているという。

学舎。

e0138081_1614422.jpg


こちらは西洋風の建物。

e0138081_1615541.jpg


藩直営の庶民のための学校。

その力の入れ具合がよくわかる。

e0138081_1617445.jpg


渋滞で和気駅への到着が遅れたうえに、この閑谷学校でゆっくりしすぎたためかきおこの店の開店前に到着するという予定が危うくなっていた。

今回行く予定にしている店は寒河駅近くの超人気店・たまちゃん

開店後だとどれだけ待たされるか、2時間待ちなんてざららしいのでそれだけは避けたかった。

ただここから下り基調だし少し早く走れば大丈夫だろうと思っていた。

下りは快適にとばし海沿いの国道250号線へ。

思ったより日生まで距離があった。

しかも目的の店まで5.8キロとの看板。

そんなにあるのかーとげんなり。

しかしげんなりしているわけにもいかずここから爆走。

前回行った泉富久に客が入るのを見てますますあわてる。

ここから先はまわりの景色がどんなのか全く目に入っていなかった。

やっと駅が見えてきたと思ったら日生駅。

ここからあと3キロもある。

とにかく自分だけでも早くいって並ばなければという焦りと空腹で追いつめられたように爆走。

そしてあと30メートルの看板を見つけてやっとほっとできた。

e0138081_16352989.jpg


結果的に爆走したためにへとへとでしかも超お腹が空いていてベストな状態。

しかしやはり人気店、すでに多くの人が並んでいた。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2010-03-15 16:39 | 中国地方
<< 近鉄主催 サイクルTrain いい週末を過ごすと... >>