ブランジュリ タケウチ

先日の大阪パン巡り・熊野街道ポタでは4軒のパン屋をめぐって欲するままに大量のパンを買った。

さすがパン屋激戦区の大阪、どの店もそれぞれ非常に個性が強く、すばらしいパンが多かった。

そこでこれから1店ずつ店とパンを紹介していきたい。

まずはブランジュリ タケウチ

e0138081_15563345.jpg


ここはすでに何回か来たことがあって、パンの素晴らしさと人の多さは知っていた。

いつもは昼近くに行っていたので今回は朝一番に行くことにした。

8時オープンなので7時50分にいったがこの時すでに一人待っていた。

たった一人でよかった、と思っていたらどんどん人が集まってきて開店時には数十人になっていた。

そしてオープン。

e0138081_1614694.jpg


さあいよいよだ。

そうすると一人の老人がいきなり列の前に来た。

なんや、大胆な順番ぬかしやなーと思っていたら...

e0138081_162578.jpg


いつも人数制限を仕切っているおじさん。

並んでいる人を整理したり、店の中の人数を確認して人を入れたりしている。

パン屋さんでこれだけの役割の人を雇っているところはあるだろうか?!

さあ今日はすべてのパンがそろっているで、と気合を入れて入店。

このお店は店内が狭いので一列に並んで順番にパンをとっていくので一度通り過ぎるとなかなか最初のパンをとることはできない。

なのでこれと思ったパンをどんどんトレイにのせていくと...

全部で8個のパンが所狭しと並んでいた。

順番に紹介していくと...

e0138081_16113942.jpg


中にチョコレートが入っていて周りのパンはサクサク。

一口噛むごとにさくさく音が鳴るくらい。

e0138081_16134769.jpg


これも中にチョコが入っている。

温めると挟んでいるパンが柔らかくパフパフした食感。

トップの砂糖も適度に溶けてグッド。

e0138081_16153380.jpg


種々のナッツの歯ごたえと味がアマンドによく合う。

噛めば噛むほど適度な甘さが染み出てくるようなパン。

e0138081_16171392.jpg


中のベリーと甘めのクリームがとてもおいしい。

何のクリームかわからなかった。

皮のちょっとグニッとした食感もよかった。

e0138081_16191137.jpg


これは中にキャラメルクリームが入っている。

外のパンは甘さ控えめ、なかのクリームはやや甘めになっている。

その分クリームが少なめになっているというバランスが非常にいい。

e0138081_16203112.jpg


今回は最近ハマりかけているハード系のパンも試してみた。

これも非常に食べ応えのある噛めば味がじっくりしてくるハード系独特のおいしいさ。

ハード系もいけそうだ。

中のソーセージもボリュームがあり味もおいしい。

今回は珍しく大好きなチーズ系のパンをとっていなかった。

ブランジュリ タケウチのパンは比較的甘いのだが不思議とひつこくなくパンとよく合っている。

砂糖抜きのコーヒーや紅茶と相性がいい。

ハード系も一つとってみたがこれもハードらしく食べごたえと遅れてくる味が見事。

8個買った中6個はとてもおいしかった。

残り2個はちょっと残念なものだった。

一応紹介しておくと...

e0138081_16261298.jpg


ツナとアボガドのサンドイッチ。

アボガドとみてとったが、単にツナの味ばかりしてアボガドが消されていた。

ツナ自体もそれほどおいしくはなかった。

e0138081_1627345.jpg


中身のナッツや栗、それぞれはおいしかったが、パンとあっていない。

どうも味と食感がばらばらな気がした。

全般的にみてやはりブランジュリ タケウチのパンは素晴らしかった。

今まであまり他の大阪のパン屋さんに行っていないのはここのパン以上はないだろうと思っていたし、大阪ナンバーワン、いや関西ナンバーワンのパン屋さんとも噂されていたからだ。

確かにそう噂されても不思議ではない最高のパンだ。

しかし次に行ったところはここにも負けない、ジャンルによってはここ以上ではないか、あるいはこんなパンあるのかというくらい驚いた。

別記事で紹介しますね。
[PR]
by tac-phen | 2010-02-18 16:35
<< 来週は自転車日和?! 頑張れ、ウエパー!! >>