先延ばし

ちょっとテレビでも見ながらゆっくりと休憩...

というのをよくやる。

最近は少し減ってきたものの、そういう時ってべつに見たい番組があるわけでもないのにボーっと見てしまう。

何も他にしたいことがなければいいのだが、ほとんどそんなことはない。

で、気づいたのだが結局やりたいことを先送りしているだけではないだろうか、と。

疲れているのなら目を閉じて休めばいい。

テレビをつけると特別に興味がなくても最後まで見てしまう。

ただ、昨晩の番組で脳性まひの子供を障害者であることを忘れさせるために一緒にマラソンやトライアスロンなどに出場した父親の話に感動した。

そういうのはとりあえずテレビをつけたから見ることができた、そういう話があることを知ることができた。

結局はどこでやめるかの判断と気持ちの切り替えの問題なのだろうか...

e0138081_5363972.jpg

[PR]
by tac-phen | 2010-01-28 05:37 | 雑感
<< 自転車+写真を満喫 ケーズケベック >>