タイガースの守り神-素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)

阪神甲子園球場の南西側、1号門前にある素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)。

e0138081_15442590.jpg


甲子園神社、タイガース神社との愛称で呼ばれている。

こういう神社があるのは聞いていたが、初めて来た。

創建年代は不詳だが、元禄年代に再建の記録があるので300年くらい鎮座している由緒ある神社。

牛頭天王社と呼ばれ、大樹に囲まれた荘厳な神域だったと言う。

当然甲子園やタイガースよりずっと歴史がある。

本殿の後ろには1塁側アルプス席のライトが見える。

e0138081_15492821.jpg


相性通り阪神タイガースや野球関係のものもたくさん見受けられる。

e0138081_15504688.jpg


支えの部分を見ると...

e0138081_15512286.jpg


星野仙一の名前。

e0138081_1552640.jpg


野球塚なるものもある。

e0138081_15532272.jpg


これもよく見てみると...

e0138081_1553533.jpg


岡田彰布の名が刻まれている。

唯一日本一へと導いた吉田監督のものがないのが解せない。

絵馬も阪神タイガース。

e0138081_15553976.jpg


それに書かれたお願いごとも野球関連のものばかり。

e0138081_15562139.jpg


e0138081_1611846.jpg


もはや野球の神、タイガースの神として祀られるようになったが、神様自身はどう思われているのだろうか?!

e0138081_15583970.jpg


まあ、タイガースファンなら一度は訪ねてみて優勝祈願をするのもいいだろう。
[PR]
by tac-phen | 2010-01-19 16:28
<< 暖かくなりそう。 ちょっと不調... >>