コーヒー焙煎・ドリップ体験

先日の愉快なブロ仲間たちとの新年会でコーヒー焙煎・ドリップ体験をさせてもらった。

講師はコーヒーの伝道師こと柏餅さん。

柏餅さんは自分で豆を購入、自宅で焙煎するほどのコーヒーマニア。

まず豆を炒る。

e0138081_1135737.jpg

すると香ばしい香りがしてきて、パチッパチッと豆が割れる音が小気味よく聞こえる。

まずはA2Cさんがトライ。

e0138081_11365530.jpg


よく見たことがある焙煎されたコーヒー豆に変身、表面に油が出ててかっている。

焙煎前の豆と比較。

e0138081_1138413.jpg


そして私も挑戦。

e0138081_11401632.jpg


上が私、下がA2Cさんが炒ったもの。

しばらくこのままで冷ます。

この間により豆が香ばしくなるらしい、本来は半日くらい置くのがいいとのこと。

今回はゲームをしている間だけ冷ました。

そして、豆をグラインド。

e0138081_11445791.jpg


e0138081_11451412.jpg


しばらくは豆が挽かれる音と感覚がして、そして急に軽くなると挽き終わった合図。

そしてドリップ。

e0138081_11463637.jpg


e0138081_11465022.jpg


中央に少しずつ湯をたらし、水浸しにならないようにシフォンケーキのような状態を保ちながら進める。

そして出来上がりを試飲。

味もさることながら、香りがすごい。

インスタントとは全く違う。

A2Cさんのは深煎りなので苦みが強く、私のは酸味が強かった。

自分で煎り方を変えて味を変える楽しみがある。

多少時間と手間はかかるが、その過程と出来栄えはそれ以上の楽しみをもたらしてくれる。

いい体験をさせてもらった。

柏餅さん、どうもありがとうございました。
[PR]
by tac-phen | 2010-01-13 16:33 | 雑感
<< リッチな朝 今日から >>