輪行に向けてパッキング練習

自転車を輪行袋に詰める練習をした。

この練習は今回で2回目。

前回は写真に撮っていなかったため今回は写真をとりながら進行。

1回目はタイヤの固定の仕方やショルダーベルトのつける位置などかなり探り探りで時間を費やした。

果たして今回はどうか?!

まず前輪のタイヤをはずす。

e0138081_9454495.jpg


前輪をフレームに3か所で固定する。

まずフロントフォークと。

e0138081_9465024.jpg


これで多少ハンドルも固定される。

トップチューブと。

e0138081_9483089.jpg


そしてリアフレームと。

e0138081_950885.jpg


こんな感じでタイヤがフレームに固定される。

e0138081_9504566.jpg


それにしてもこの固定バンドがめんどくさい。

マジックテープつきのバンドに換えることを勧められたがその意味がよくわかる。

この付属のバンドで行こうと思っていたが、考え直した方がよさそうだ。

次にショルダーベルトの取り付け。

前回もこれをどこに着けるかで時間がかかった。

今回ももう一度ベストポジションを探りながらの取り付け。

つけては肩にかけてみてバランスを見る、の繰り返し。

そして結局...

リアフォークのブレーキの付近。

e0138081_9535187.jpg


と、トップチューブのヘッドパーツの付近。

e0138081_95445100.jpg


ここだと肩にかけたときにバランスがよく、しかもこの長さだと地面からもかなり上がり下をすることはないだろう。

そして補強されている部分を前ににして袋を上からかぶせて完成。

e0138081_9564294.jpg


ふうー、それにしても面倒だ。

前輪をはずすだけなのでこのスタイルは作業手順としてはシンプルな方。

それでもやはりかなり面倒に思えてしまう。

ブロンプトンに慣れ過ぎたせいか...

前輪の固定が面倒。

やはり固定せずに前輪を手に持ち、袋をかぶせるだけという超シンプルな手順へと自然と落ち着きそう。

実際の輪行はこれからだが、時間にかなり余裕を見て駅についておく必要がありそうだ。
[PR]
by tac-phen | 2009-12-07 15:59
<< えーっ!!早くも... 気軽に坂を >>