紅葉まっ盛り(前編)

先日六甲山に登ったが、六甲山牧場から再度山あたりの紅葉がとてもきれいだった。

自転車を止めては紅葉を撮影し、先へ進もうとするとまたきれいな紅葉に出会う。

そんな繰り返しだった。

高野山で見た紅葉よりも赤がより深くなった紅葉。

今年の特徴かすべての木が一様に紅葉しているわけではなく、区別がはっきりしていた。

それだけに緑に囲まれた中に暗闇にローソクの火をともしたように輝く紅葉も印象的だった。

先日少し紹介した六甲山牧場付近。

e0138081_7582389.jpg


e0138081_7584746.jpg


この付近では全体的に色は淡く、光を浴びた時の色のグラデーションがきれいだ。

e0138081_75948100.jpg


e0138081_801876.jpg


葉1枚1枚も統一色で染まっていない。

e0138081_811131.jpg


e0138081_81253.jpg


それが光の陰影も加わってよりカラフルになっている。

六甲山牧場~森林植物園までの道。

e0138081_835418.jpg


ポツリポツリと紅葉が見られる。

e0138081_843083.jpg


ただ、染まっている木はどれも見事。

きれいな赤色をしていた。

e0138081_85950.jpg


森林植物園。

ここはメタセコイヤが金色に染まっていた。

e0138081_863362.jpg


光を浴びているところと浴びていないところの濃淡も見事。

e0138081_873173.jpg


e0138081_89739.jpg


真下から上を見上げると1枚1枚の葉の繊細さと幾重にも折り重なって形作る大木の壮大さの対比も感じることができる。

e0138081_8111572.jpg


これもセコイヤ系の木なのだろうか、ぶどうのようにつぼみ(?)が垂れ下がっている様がきれいだ。

e0138081_813234.jpg


e0138081_8142326.jpg


e0138081_8143758.jpg


森林植物園には入らなかったがゲート付近だけでも十分紅葉を味わえた。

e0138081_8164287.jpg


e0138081_817024.jpg


e0138081_8173049.jpg


こうやっていろいろな角度から写真をとっていると知らぬ間に体中が枯れ葉だらけになっていた。

ここまではそれぞれ染まる木々に自体に惹きつけられ、その美しさに感動した。

ここからの紅葉の鮮やかさはその周りとの組み合わせでより鮮やかに見える紅葉が多かった。

次の記事ではそれを紹介するつもりだ。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2009-11-30 15:49 | 風景
<< ブランジュリー c.m.h. ついでに異人館ポタ >>