ロードで神戸へ。

11月23日(月)の今日は、昨日が雨で全く走れなかったので4時に起きてスタンバイ。

天気予報では晴れ。

しかし、朝ご飯を食べてストレッチをし準備をしていても一向に外は明るくならない。

おかしいなぁと外を見てみると霧がかかっていて路面も濡れている。

雨は降っていないがロード超初心者の私にはちょっと危険だ。

そこでしばらく様子を見ることにした。

1時間、2時間たっても明るくならずどんどん霧が濃くなっている。

ロードではあきらめてブロンプトンで出かけようか迷った。

とりあえず今日はモンベルに行って輪行袋を買いたかったのでブロンプトンで梅田に行くことにした。

そうしてブロンプトンに空気を入れようとしたら、日差しがさしてきた。

やっと来たかとやはりロードで行くことに。

だいぶ時間がたっていたので今日はとりあえず海を見ることにして神戸方面のモンベルを調べると六甲にあってしかも2号線沿いという便利の良さ。

六甲のモンベルに行こうと思ったのはスタートが遅れたおかげ、怪我の功名だ。

そして今日はできるだけリュックの荷物を減らして肩コリ対策をした。

早速2号線を西へ。

かなり暖かいし風もない。

快適なライドであっという間に六甲のモンベルへ。

e0138081_1733225.jpg


ちょっと奥にあってわかりにくかったがすぐに見つかった。

ちょうど開店直後について早速輪行袋を購入。

JET BOILもあったので眺めていると店員さんに捕まった。

いずれほしいとは思っているものなので買ってもよかったのだが、ロードでは肩コリに悩んでいたので自重。

引き続き2号線を西へ。

写真をとるためにHAT神戸へ。

e0138081_1773887.jpg


e0138081_1781997.jpg


e0138081_1784717.jpg


e0138081_1791840.jpg


ちょっと遊んでみた。

非常にポカポカ陽気でジョギングする人も多く、何かイベントが開かれていて参加されている人も多かった。

e0138081_17112769.jpg


そしてポートアイランドへ渡る。

ブロンプトンではいつも神戸大橋は歩道で渡っていたがロードではやはり車道なのだろうか?!

ただ歩道もかなり広いので歩道で行った。

ポートアイランドは道も広く車線数がかなりあるので一番端は全然車が通らない。

思いっきりスピードを出して走った。

そして神戸空港まで一直線で飛ばしたが、空港島までの橋はしんどかった。。

e0138081_17133927.jpg


かわいらしいクリスマスツリー。

もうそんな時期か...

e0138081_17142074.jpg


e0138081_17143149.jpg


そして神戸学院大学へ。

e0138081_17165030.jpg


e0138081_1717421.jpg


ここからは神戸の中心がきれいに見え、造船所もま正面にある。

e0138081_17181891.jpg


e0138081_17183738.jpg


ロードはこういうだだっ広いところでは立てかけるものがないので写真をとるのに苦労する。

そして再び2号線に戻り、西へ進んだ。

神戸から2号線を離れて和田岬の方から回る。

こちらの方が車が少なく走りやすい。

そしてすぐに須磨へ。

e0138081_1722375.jpg


風も全くなく日差しが暖かく心地よい。

多くの人が日向ぼっこしていた。

e0138081_17224322.jpg


しばらくベンチに座ってボーっと過ごす。

先週までの寒さがうそのよう。

そしてTREKによっていろいろロードについてお話した。

e0138081_1724244.jpg


久々にTREKにきたがどうも自転車の数が減っている気がする。

不景気のあおりを受けているのか...

先日のパンクで1本だけあった予備のチューブを使いきったのでチューブを購入。

e0138081_17332862.jpg


そして帰りも和田岬周りで神戸から2号線を疾走。

車がかなり多かったがいずれ信号に捕まることはわかっていたので思いっきり走ってみた。

やはり風がないのが大きく、すごく快調、快適。

ただところどころ道路工事で車線が減っていたので注意を要した。

あっという間に家に帰ってきた。

最後の方、やはり肩こりが出始めたが荷物を減らしたせいか少しましだった。

前回の洗礼とは真逆の快適なライド。

ほんとに気持ち良かった。

これからはやはり天気の影響が大きくなるなぁ。

今日のような暖かくて風のない日が休日だけでいいから続いてほしいものだ。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-23 17:34
<< たこやき屋 いっちゃん 京都府八幡-いつも通り過ぎていた町 >>