ロードに乗ると肩が凝ってつらい!!

11月21日(土)もロード練習を兼ねてなにわ自転車道から京都まで行った。

前から行きたかったところを立ち寄ったり、引き足を覚えてきて脚に負荷をそれほどかけずに快適に走れたりと非常にえるものも多かった。

詳細はまた後日載せるが、それよりも我慢できないほどつらいことがあった。

それは前回、今回と非常に苦しいというかイライラするのが”肩の凝り”だ。

走り始めて2時間もすると肩から首の付け根あたりが非常に凝る。

というか今まで肩こりを経験したことがないのでおそらくこれが肩こりだろう。

とにかくつらい!!

脚は全然しんどくなくてまだまだこげそうなのに、肩が先に強烈な不快感。

走りながらなんで肩にこれだけ負担がかかるのか考えていた。

自分の乏しい経験から推測するに...

1、トップチューブが自分には長すぎ(490のフレームに80ミリのステム)

2、シートの前を下げすぎて自然と尻が前へ滑り、それを両手で支えているため肩に負担がきている。

3、常にブレーキに手をかけている状態で走っているが普段はもっと手前を持つべき

4、リュックを背負っている



1はショップに相談してみるがひじを張らずに楽に曲げて、と指導されたがそうするとブレーキを握れなくなる。

前傾姿勢が足りないのかもしれないがサイズが合っていないのかを疑った。

一番そうではないかと思えるのが2であるが前傾姿勢をとる以上多少手にも負担がかかりそうな気がする。

一番なさそうなのが4。

なぜならブロンプトンに乗っていても肩がこることはなかったからだ。

3はあまりにも肩がつらいので試しにブレーキに手をかけずに手前を握ってみた。

その時点ですでに強烈な肩コリだったので効果はわからなかったが、あったとしてもこれはしたくはない。

最初だから緊張しているのかと考えたがそれはブロンプトンに乗った時も同じで、そんなことにはならなかったしだいぶ走っているときは余裕が持てていた。

しかも昨日は安全な自転車道である。

慣れやポジションの調整で改善するものだろうか?!
[PR]
by tac-phen | 2009-11-22 09:29
<< 洗礼 ヒルクライムにチャレンジ >>