早速、練習。

先日、やっと組みあがったマイロード。

うれしいのでもう一度写真を載せましょう。

e0138081_17154115.jpg


ショップで早速乗り方の練習から。

シフターの使い方の説明。

そしてライディングポジション。

シートの広い部分に尾てい骨を置く感じで座る。

その時、尻はサドルから少し後ろへ出ている感じ。

股間を少し持ち上げるように、腹筋に力を入れ背中を反らずに丸めるように前傾姿勢をとる。

ハンドルを軽く握り、腕は力を入れずに少し曲げるようにする。

と、アドバイスを受け、オーナーと一緒にショップの周りを何回か回った。

それにしてもペダリングが軽い。

その割にスピードがすぐでる。

どうも肩に力が入りすぎて肩が上がっているようだ。

”この直線で思いっきりスピード出してみて。”

というので思いっきりこぐと...

すごい!!

風を切っているのが体感できる。

”スピード出す時、かなり前傾姿勢になるね。 そこまで前傾しなくてもペダルを回すことを意識して。 楽に回してもスピードは出るよ。”

といいながらシートをやや前に移動。

次にビンディングのつけはずしの練習。

初めてビンディングシューズを履く。

e0138081_17412963.jpg


私は横が広いので大きめのサイズを買い、中敷きを敷いて調整。

利き足を聞かれ、右と答えるとまず右足だけビィンディング用のシューズを履き、左は普通のランニングシューズを履いての練習。

クリートの仕組みとはめ方を教えてもらい実践。

しかしなかなか入らない。

力をどの方向にもって行っていいかわからず苦戦。

何回かやっているうちにやや前下に力を入れるとはまりやすいことを発見。

その場でつけはずしを何回かした後、ショップの周りを走る。

”そこの電柱で止まってみて。”

はずす時に力の加減がわからず少し時間がかかる。

それでも何回かやっているうちに少しはましになってきた。

次に今度は左足はビンディングシューズ、左は普通の靴。

自転車は左端を走るので停車時は基本左足でついて右足はペダルに乗せたまま。

なので、左足のビンディングのはずし方が重要とのこと。

右足からこぎ始め、サドルに乗るとすぐに左足のビンディングをはめる。

どうしてもペダルを見ながらになるので前を見るのがおろそかになる。

”そこの電柱で止まってみて。”

クニクニ何回か足をねじって何とかはずす。

早くスムーズにはずせるようにならないといざというときに足が出せない。

ショップでの練習はこれで終了。

”家に帰る時は普通の靴で帰ってね、まだ危ないから。”

確かに、まだ車道を走るのは怖すぎる。

どこか安全な場所で練習が必要だ。

とにかくペダルを見ずにビンディングのつけはずしができるようになること。

これが当面の目標だ。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-14 16:22
<< 武庫川で練習 週末の雨、うっとおしい。 >>