BICYCLESHOP M&Mさん主催“のんびり北摂ポタ”

11月3日(火)の今日、BICYCLESHOP M&Mさん主催 ”のんびり北摂ポタ”に参加してきた。

9時に、BICYCLESHOP M&Mさんの店前に集合。

e0138081_22581646.jpg


想像以上の大所帯、総勢22名。

3つのグループに分かれてスタート。

千里川沿いの走りやすい道を進む。

e0138081_2258346.jpg


朝方は非常に寒かったがこの時間になると風もなくだいぶ暖かい。

e0138081_2258588.jpg


西国街道に入る。

e0138081_22591499.jpg


萱野三平旧邸。

e0138081_22593822.jpg


幾度か来たことはあるが中に入るのは初めてだ。

e0138081_230843.jpg


e0138081_2302314.jpg


e0138081_2303936.jpg


e0138081_2305941.jpg


これだけの人が集まれば自転車も様々だ。

e0138081_2312271.jpg


e0138081_2314826.jpg


e0138081_232819.jpg


西国街道は車も人もほとんどいないのでゆっくりいろいろな方と談笑。

e0138081_2323018.jpg


勝尾寺山門入り口。

e0138081_2324945.jpg


西国街道から離れのどかな田園の中を走る。

e0138081_233627.jpg


さすがにいいところを知ってるなぁ。

e0138081_2333462.jpg


この辺りはかつて川端康成が住んでいたところらしい。

e0138081_2335927.jpg


川端康成が学校に行く時にここに集まってから行ったとか?!

違ったかな?

e0138081_2341774.jpg


この近所には川端という名字の家だらけらしい。

e0138081_2344899.jpg


そして緩やかな坂を延々登る。

e0138081_2351068.jpg


ものすごいサイクリストの列。

e0138081_2352699.jpg


この坂を登り始めて少ししてからやたら太ももに負荷がかかってくる。

おかしいなあとシートポストを見るとどうも少し下がっているようだ。

やばいなぁ...

西野酒店の前で休憩。

e0138081_2355060.jpg


この時に宮田さんに見てもらったがとりあえずシートレバーのねじを強く締めてもらって応急処置。

再び出発。

e0138081_236114.jpg


緩やかな坂が続くが車も少なくまわりの景色を見たり話しながら楽しくライド。

しかしシートポストがくるくる回りかなり気になる。

忍頂寺スポーツセンターでもう一度見ると、もはやレバーは全く効かずスカスカ動いている状態。

宮田さんをはじめいろいろな方に見てもらったがどうにもならず、とりあえずいがみながらもピンを差し込

みシートが動かないようにしてできるだけシートに座らないようにして進むことに。

そんな状態でありながらランチのため山合いの高台にひっそりとあるM'sカフェへ。

e0138081_21471864.jpg


e0138081_21473825.jpg


22名の大所帯で行けば貸し切り状態。

e0138081_21495023.jpg


ランチはカレーセット。

e0138081_21511331.jpg


量は少ないがとてもおいしい。

e0138081_21514166.jpg


デザートはチーズケーキ。

e0138081_2152620.jpg


生クリームとベリーのソースがベストマッチ。

マンゴージュースも濃い目でおいしかった。

e0138081_21534543.jpg


暖かい日はテラスでくつろぐのもよさそうだ。

e0138081_2154324.jpg


ほとんど初めてあった方ばかりだが楽しく談笑。

ポタ会はここでいったんお開き。

一部の方々はここからさらに北へとポタリング。

私も参加したかったがシートポストが危険な状態なので断念、店に戻って修理していただくことにした。

昨日も北摂へ行ったがまた素晴らしいところを素晴らしい人たちと走ることができて非常に楽しかった。

またトラブルを起こしたにもかかわらず多大なサポートをしていただき感謝しています。

企画・先導・トラブル処理をしてくださったオーナーの宮田さん、各グループのリーダーの皆さん、参加者の皆さん、どうもありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-03 22:06
<< 入院 松代-世代を越えた歴史情緒が詰... >>