花折越え達成!鯖街道~琵琶湖(中編:花折~葛川~朽木~今津)

花折越え達成!鯖街道~琵琶湖(前編:出町柳~静原~大原~途中峠~花折)の続き)

花折トンネルを抜けるとそこからは下り。

e0138081_18533649.jpg


e0138081_1854581.jpg


さあ、ここからは気楽に進めると思った矢先、ふっと山のほうに目をやると...

e0138081_18552159.jpg


上から下りてくる道がある。

まさかと思い、自転車を止めて近づくと...

e0138081_1856198.jpg


花折峠入り口とある。

道はあるんや、でもトンネルと向こう側はどこに登り口があったんやろ?!

とても興味がわきもう一度引き返すかどうか悩んだが、チェーンもしてあるしもはや下りモードになっているので今回は見送り。

この道はこれから幾度と来るやろ、と次回への楽しみに置いておくことにした。

さあ再び下りだ。

e0138081_18585626.jpg


下に安曇川を望みつつ、快適な下り。

でもやはり向かい風かどんどん加速していくような感じではなかった。

するとまたもすぐに牛の鼻トンネル。

e0138081_1905055.jpg


地図上では鯖街道のトンネルはすべて回避できるう回路があることを確認していたので少し戻ってみた。

e0138081_1914990.jpg


そしたら左へ外れる道があった。

e0138081_1922617.jpg


川沿いに道が進んでいるので安心だ。

e0138081_193314.jpg


ちゃんとトンネルの手前で高架下を通れるようになっている。

すると何やら熱心に掘っている親子がいたので、“金でも出るんですか?”と聞くと...

e0138081_1943381.jpg


"いやー、そんなええもんじゃないわ。息子に山芋の掘り方教えてるんや。金やったら教えへんわ。”

やはり下りだとテンションが上がっているのかつい軽く話しかけてしまう。

先へ進むと、また高架下をぬける。

e0138081_1972465.jpg


トンネルだけでなく車の多い国道も避けることができていい。

e0138081_198313.jpg


e0138081_199144.jpg


雨があまり降っていないせいか安曇川の水量もさみしい。

e0138081_1995991.jpg


今度は坂下トンネルを避け、坂下の集落へ。

e0138081_19115282.jpg


e0138081_19122989.jpg


そして367号線に合流。

e0138081_191324100.jpg


両脇から山がせり出してくるような迫力。

e0138081_19135049.jpg


そして再び367号から分離。

e0138081_19143576.jpg


平和で静かな道を進む。

e0138081_19165454.jpg


e0138081_1917998.jpg


この平和な道もこの中村橋で終わり。

e0138081_1919550.jpg


とはいうものの367号線は道も広く、車もそこそこなので走りやすくスピードを出すなら367号線でずっと来たほうがいいだろう。

e0138081_1920404.jpg


安曇川も上流から中流へと下ってきてるせいか、少しずつ開けてきている。

e0138081_19213517.jpg


e0138081_19222880.jpg


葛川坊村町。

e0138081_1923598.jpg


何か宿場街っぽい雰囲気。

e0138081_19244516.jpg


e0138081_19251684.jpg


多くのハイカーも立ち寄っていた。

e0138081_19255576.jpg


e0138081_19263257.jpg


e0138081_19265631.jpg


e0138081_1927307.jpg


何かこの集落の説明がないかと探したがそれらしきものはなし。

e0138081_19284774.jpg


e0138081_19293757.jpg


大原・三千院前を思わせる雰囲気。

e0138081_19302098.jpg


e0138081_1930411.jpg


ハイカーの間では有名なのだろうか、次から次へとやってくる。

比良山系を登っているのだろう。

e0138081_19323336.jpg


e0138081_19325970.jpg


かなり寂れた感はあるが、それがまた自然でいい。

e0138081_19356100.jpg


この辺りは22℃、サイクリングには適度な気温だ。

江文峠から大原へ向かうときは少し寒いくらいだった。

e0138081_193789.jpg


ススキを見ると秋を感じる。

かなり降りてきて安曇川も立派な川になってきた。

e0138081_1938164.jpg


高島市入り。

e0138081_19385168.jpg


もうそんなに来たのか!!

e0138081_19393191.jpg


これまでの行程はほとんど向かい風で思ったように進めていないのだがこのままだと近江今津に昼くらいについてしまいそうだ。

e0138081_19404478.jpg


この辺りから少し登りが出てき始めた。

e0138081_19424875.jpg


e0138081_1943491.jpg


感じのいいログハウスがあったので写真撮影。

e0138081_1944043.jpg


e0138081_19442422.jpg


朽木の町へ入る。

e0138081_19451081.jpg


少し前からよく目にするのがこれ。

e0138081_19454545.jpg


全く興味がなく通り過ぎる。

柿の葉ずし同様、受け付けなさそうだからだ。

つまり食わず嫌い。

e0138081_19481412.jpg


この先の山神橋を右折し安曇川沿いを東へ琵琶湖に出る道もあるが直進。

ここからアップダウン、ややアップが多い道が続く。

e0138081_1950147.jpg


ずっと下り基調で来たのですっかり忘れていたが、ここから緩やかな上げ基調になるのだった。

e0138081_19513699.jpg


気温も上がってきて、この登りがきつかった。

e0138081_195285.jpg


e0138081_2033781.jpg


おそらくそれほど厳しいものでなかったと思うが、完全にもう坂はないと思い込んでいたのでその分きつかったのだろう。

それでも何とか今津入り。

e0138081_2053010.jpg


ここから下りと思ったが少しまだアップダウンあってふっと現れたのが...

e0138081_2063588.jpg


このライダーたち、いや...

e0138081_2072363.jpg


この交差点だった。

見覚えのあるところだった。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2009-10-01 17:55
<< ブロンプトンの不具合処理完了! 花折越え達成!鯖街道~琵琶湖(... >>