花折越え達成!鯖街道~琵琶湖(前編:出町柳~静原~大原~途中峠~花折)

花折越え達成!鯖街道~琵琶湖(サマリー)で書いたように、先日前から行こうとしては行けなかった起点の出町柳から花折をこえて鯖街道を走ってきた。

朝3時起床。

いつものようにたっぷり朝食をとり、時間をかけてストレッチ。

ストレッチをするとだんだん目覚めてくるがまた電車の中で爆睡することは目に見えている。

準備を済ませ、天気予報を確認して家を出る。

始発に乗るのに合わせて家を出たがまだ外は暗い。

これまでなら十分明るかったが季節が移り変わっていっているのがこういうところからも実感できる。

6時30分過ぎにJR京都駅に到着。

高瀬川沿いを北上。

e0138081_15574510.jpg


この道は朝からタクシーが多く走りにくい。

e0138081_15582519.jpg


車がなければ風情のあるところだが、朝は鴨川沿いを上がったほうがいい。

そして出町柳。

e0138081_15594981.jpg


”鯖街道口”とある。

出町柳は何回も来ているがその度この石標を見てここから鯖街道を走りたいと思ったものだ。

e0138081_1613911.jpg


この時期の川面は空がきれいに映る。

本来鯖街道は367号線から大原へと続くが、そこは何回も通っているので車の少なくまた楽しみのある道を選んだ。

下鴨本通りを北上。

e0138081_164658.jpg


西山のふもとに沿うように西へ進むと...

e0138081_1644194.jpg


深泥池。

そこから旧鞍馬街道に入る。

e0138081_1673396.jpg


ここで石標を発見。

e0138081_1675571.jpg


"左 くらま、右 岩倉 木野、東 松崎”と書いてある。

やはりここは旧街道やんたんやなぁ。

そう楽しみとは、この道の先....

e0138081_16104263.jpg


超劇坂!!

右手に持っているカメラを手放し、最初から立ちこぎ。

止まりそうになるのを必死に踏み込み、ガガギググッと歯を食いしばる。

なんとか足をつかず上へ。

e0138081_16232132.jpg


なんと...

e0138081_16111710.jpg


斜度25%!!!

ここで一気に目が覚める。

ここは、7月の坂好き達のポタリングJun Skywalkerさんに教えてもらい、TUYAさんと3人で朝いきなり挑戦したところだ。

この日は1度目脚をつき、悔しいのでもう一度下に降りて2度目で登り切ったがこの日もここで一気に目が覚め快走できた。

まずはあいさつがわりの劇坂参りを終え、意気揚々先へ進む。

e0138081_16251596.jpg


そして市原で右折。

e0138081_16274858.jpg


静原方面へ進むがこの日は向かい風。

想像していたように進まずしんどい。

e0138081_16284380.jpg


静原では集落の中を進む。

ここのいい雰囲気の集落だ。

e0138081_1630824.jpg


e0138081_16302222.jpg


e0138081_1630527.jpg


まさしく宣言通り素晴らしい町である。

ここはいつもお花畑がきれいだ。

e0138081_1632542.jpg


すごく自然にいろいろな種類の花がランダムに咲いている。

e0138081_16331468.jpg


"右 参道”とあるが金毘羅山への参道ということだろうか??

静原の集落を抜けてしばらくすると坂が急になる。

前回の、7月の坂好き達のポタリングではすごく楽に感じたのに今回は苦しい。

向かい風の影響かまた前回は力を引き出してもらっていたのか?!

e0138081_16361032.jpg


それでも一気にピークへ。

e0138081_16363940.jpg


江文峠のバス停。

よく見ると...

e0138081_16373158.jpg


平日に1本もバスは来ず、休日に3本のみ...

金毘羅山への登り口で休憩。

e0138081_16382977.jpg


ここに来るまでに多くのローディとすれ違ったが皆さんものすごいスピードで下っていた。

そしてピークから下って大原へ。

e0138081_1640218.jpg


コスモスや彼岸花が咲き誇っていた。

e0138081_16404340.jpg


e0138081_16405814.jpg


大原の中でも一番好きな場所へ。

e0138081_1642238.jpg


寂光院手前の集落。

e0138081_16431463.jpg


e0138081_16441110.jpg


e0138081_16444615.jpg


ブロンプトンを止めてあるところから集落を眺めると最高。

e0138081_16455880.jpg


大原はこうやって少し立ち寄るだけでも大満足。

頻繁に行けば季節ごとの大原を味わうことができる。

e0138081_16474626.jpg


ちなみに写真をとる場所はいつもだいたい同じ。

でも雰囲気は全然違っている。

さあ、引き続き北上。

e0138081_1649531.jpg


e0138081_16493238.jpg


367号線に並行して、大原を抜けるこの道は旧鯖街道だ。

e0138081_16504195.jpg


進んでいくと一旦367号線と合流するが...

e0138081_16522536.jpg


またも分離して車のない走りやすい道。

e0138081_16532032.jpg


こちらの道を通ると緩やかな登りで片や367号線はアップダウンがある。

つまりこちらのほうがかなり楽に行くことができるのでお勧めだ。

ちなみに先ほどの分離から百井峠~花背峠と抜ける道は北山でも随一の劇坂らしい。

再び367号線に吸収され、そこから坂は急になるがすぐに...

e0138081_16571875.jpg


途中峠のピークに到達。

初めて来たときは367号線を来たが、このルートは負荷がかなり少ない。

それでもこの日は向かい風で予想より疲れた。

途中トンネルを抜けて...

e0138081_1659221.jpg


途中の交差点脇で休憩。

ここでの休憩は想定外。

やはりちょっと疲れている。

できるだけ足に負担がかからないように立ちこぎを頻繁に入れて走ろうと決める。

e0138081_17163492.jpg


坂は想像していたより緩やか。

それでもやはり風に苦しむ。

山々の写真をとる余裕すらある。

e0138081_17174659.jpg


事前に地図で確認していたヘアピンも思っていたより楽にクリア。

e0138081_17184067.jpg


地図で見て思っていたのと全然違うなぁ、と思いながら進んでいると...

e0138081_17193840.jpg


なんと花折トンネルだ。

あれ??

もうトンネル?

花折峠への道あった??

トンネルを避けて花折峠へ向かう予定にしていたのに...

少し拍子抜けだったがとにもかくにもここまで来たのだった。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2009-09-30 16:55
<< 花折越え達成!鯖街道~琵琶湖(... ブロンプトンのメンテナンス >>