奈良和菓子ポタ・散策後編(飛鳥~天理~奈良)

奈良和菓子ポタ・散策前編(今井町~おふさ観音~甘樫丘)の続き)

飛鳥の里は相変わらずのどかだ。

e0138081_10465237.jpg


稲がかなり実っていた。

e0138081_10475725.jpg


まず亀石へと行ったが皆の反応はいまいち。

メタボな亀という雰囲気があっていいと思うのだが...

田園の中を通り抜ける道がかんじいい。

聖徳太子生誕の地とされる橘寺近くの店がいい雰囲気。

e0138081_10522124.jpg


そして石舞台古墳。

e0138081_10531974.jpg


今までここまでしか着たことがなかったが今回はさらに奥の棚田の美しい稲渕へ行きたかったのであまり乗り気でないメンバーを口説きしぶしぶながら賛同を得た。

見た目は距離がありそうだったが、大した登りもなく棚田が見えてきた。

e0138081_10583066.jpg


おーっ、絶景。

e0138081_10592264.jpg


例年行われているという案山子コンテストもちょうど開催されていた。

e0138081_1111041.jpg


e0138081_112639.jpg


棚田の脇に展示されている案山子を見ながら歩いて回った。

e0138081_1133296.jpg


e0138081_1143557.jpg


個性ある作品がずらり。

e0138081_1153446.jpg


うまいこと作るもんだ。

e0138081_116135.jpg


中には案山子を超越したものも...

e0138081_1171489.jpg


e0138081_1174342.jpg


これを案山子といっていいのだろうか?!

上からの景色はさらに最高だ。

e0138081_1192549.jpg


e0138081_1195478.jpg


e0138081_11115077.jpg


下りは棚田の間を縫うように続く道をゆっくり走る。

e0138081_11125547.jpg


遠くの山々や近くの田んぼや色とりどりの花を眺めながらの下りは最高に気持ちいい。

e0138081_11145457.jpg


e0138081_11152592.jpg


素晴らしい景観を堪能しつつ集落まで下りてきた。

飛鳥寺。

e0138081_11173595.jpg


e0138081_11182067.jpg


ここに来た目的はこれを試してもらうため。

e0138081_11191684.jpg


古代貴族の間で食されたという乳製品・飛鳥の蘇。

おもな反応は”食べれないことはない”

古代から乳製品があったことに驚くも誰も買わず...

まあ予想通り。

飛鳥寺の裏手にある蘇我入鹿の首塚。

e0138081_1121551.jpg


コスモスがきれいに咲いていた。

さあ出発、というときに妙なものを発見。

e0138081_11232812.jpg


バナナの皮のようなものを天日干しにしているが何だろう???

北へ向かい田園を抜け天香久山へ。

e0138081_11253333.jpg


和菓子を調達した後、165号線より1本北の横大路を東へ。

e0138081_11273022.jpg


奈良にはこういった旧街道が国道近くを走っていることが多く、自転車で走るにはもってこいだ。

桜井から169号を北へ。

e0138081_11291931.jpg


大神神社への参道入り口にある大鳥居。

大神神社。

e0138081_11304171.jpg


由緒ある神社だがいずれ山の上の上宮まで行ってみたい。

近くの店でランチをした後169号に戻り再び北上。

すぐに旧街道との分岐に行きつく。

e0138081_1133468.jpg


ここからまたも走りやすい旧街道を進む。

e0138081_11351682.jpg


この道は国道169号とJRに沿うように南北にのびている。

道中にはフジテレビのドラマ”鹿男あをによし”にも再三出てきた黒塚古墳がある。

e0138081_11372933.jpg


車も時折しか通らず安全な道なのでのんびりしゃべりながら走った。

e0138081_1139963.jpg


旧街道はいったん途切れるが少し先には非常に個性的な建物が見受けられるようになる。

毎回度肝を抜かれる天理だ。

e0138081_11405279.jpg


この建物も”教庁”と書いてあった。

天理教の庁舎ということだろうか???

この建物を抜けるとどこまででかいねんというほど巨大な天理教の本殿門前。

e0138081_11441289.jpg


ブロンプトンを並べている最中も周りには天理教のはっぴを着た人が多くいてびくびくしていた。

しかし本殿前でも...

e0138081_1146155.jpg


その大きさがいかに桁違いかわかるだろうか?!

この本殿内にはだれでも気軽に入れるようである。

前回きた時はビビって入らなかったが今回は恐る恐る入ってみた。

写真撮影禁止なのでお見せできないが中はとてつもなく広く、また清潔である。

独特のお祈りの仕方でお祈りをしていた。

廊下に出ると両ひざに雑巾をくくりつけ、両手にも雑巾で膝まづいて熱心に葺いている人々を見かけた。

また脱いだ靴は教団の人だと思うがその方々が布で磨いてくれていた。

あまりの徹底ぶりに驚くがそのおかげでいたるところピカピカである。

それは建物内だけではなく、道にごみ一つ落ちてなく、商店街の中もきれいだった。

宗教というとどうしても敷居が高く、受け入れがたいものがあるが、非常にオープンでわかりやすい行動だ。

毎回ながら思うが特に今回はなおさらこんな世界が存在することに驚かされた。

天理駅でA2Cさんを見送った後、再び旧街道を北上。

面白そうな石標も発見。

e0138081_11563677.jpg


右 奈良だけ読める。

のんびりとおしゃべりしながら走った。

e0138081_11581481.jpg


そのせいかあっという間になら町に到着。

e0138081_11592185.jpg


反省会と称して喫茶店で今後の企画などについて喋りまくり。

お土産ではちきれんばかりのリュックを担いで帰路に就いた。

ゆかいな仲間たちとのポタリングはやはり楽しい。

おいしいものもたくさん食べれて、お土産もゲットし最高の一日だった。

反省会で出た企画をどう立ち上げていくか今後も楽しみだ。

拙い企画と先導を支えてくださって楽しい時間を共有してくださった参加者の皆さまありがとうございました。

また次回も楽しみです。

次の記事では奈良和菓子ポタでまわった和菓子屋と和菓子を紹介します。
[PR]
by tac-phen | 2009-09-15 16:54
<< 奈良和菓子ポタ・和菓子巡り(和... 奈良和菓子ポタ・散策前編(今井... >>