紀州街道&孝子越街道 to 和歌山①(天下茶屋~岸和田)

8月30日(日)はkimotoshiさんと紀州街道を探索、孝子越街道をへて和歌山まで行ってきた。

われわれの中で街道巡りはブームになっていて前回の西高野街道に引き続いて和歌山へつづく街道を探りながらのポタリングだ。

前日十分休養をとったので元気いっぱい。

午前9時30分南海電鉄天下茶屋駅前ローソンに集合だったが7時20分ころに家を出発。

8時過ぎについてしまった。

あまりに時間が余りすぎているのでこの界隈をぶらり。

e0138081_8591161.jpg


近くの商店街を入る。

和菓子屋さんが忙しく開店の準備をしていた。

e0138081_902062.jpg


”写真撮ってはるで!ほら””ほんまや、ええ顔せんと”と店員さんが一斉にこっちを見たので圧倒されながらシャッターを切ったが撮れてなかったみたい。

アーケードの部分はあっという間に通り過ぎたがその先にも続いていた。

e0138081_935594.jpg


商店街の切れ目のすぐそばに線路。

e0138081_95989.jpg


そばまで行かないと何があるか分からないほどごちゃごちゃしている。

線路を渡って先に行くと住宅街になっていたので再び駅前のローソンに戻ってきた。

時間まで本でも立ち読みしてようと読み始めたが9時前にkimotoshiさんが登場。

さっそく出発することにした。

チン電沿いを南下。

車の多い道から1本中の走りやすい道を進んでいく。

もはやかなりなじみの道になってきた。

e0138081_920114.jpg


大和川を渡って...

e0138081_9143881.jpg


堺市入り。

e0138081_918388.jpg


e0138081_9213872.jpg


このあたりは紀州街道を書かれた石標がところどころに立っているのでわかりやすい。

e0138081_9234316.jpg


浜寺公園までは以前来たことがあるのでここから先がどこまで続いているのか楽しみだ。

しばらく府道204号を走るが高石神社前の信号から紀州街道が分離。

e0138081_9322244.jpg


e0138081_9325152.jpg


自転車道のように走りやすい道となる。

e0138081_9341724.jpg


こんな石標も発見。

e0138081_9351030.jpg


紀州街道から東へ延びる道だが左右中の“中”和泉街道なのか中和泉街道なのか...

e0138081_937235.jpg


普通の交差点なので“中”はないし結局わからず。

ところどころ旧街道を思わせる屋敷も現れてきた。

e0138081_9394165.jpg


e0138081_9402319.jpg


紀州街道も他の旧街道と同じように幹線道から1本奥に独立しているところもあれば幹線に吸収されているところもある。

e0138081_943057.jpg


こういうきっちりとした十字の交差点ではなく枝分かれになっているのは旧街道が分離しているところの特徴だ。

そして...

e0138081_9443777.jpg


商店街。

西国街道京街道でもそうだったが旧街道は現在の商店街の中を通っていることが多い。

これは街道沿いに店が自然と店が集まり現在にいたって商店街として存在しているのだろう。

また寺社仏閣も多い。

e0138081_9493340.jpg


e0138081_950464.jpg


この観音堂は落ち着いた雰囲気でいい休憩場所だ。

e0138081_9514198.jpg


e0138081_9521322.jpg


岸和田市に入るとあちこちでお祭りの提灯と電柱や家の角などに紅白の布が巻きつけられているのが目についた。

e0138081_9584085.jpg


e0138081_9591987.jpg


そう、岸和田のだんじり祭りの準備が始まっているのだ。

岸和田に来たことじたい初めてだが、いきなりだんじり祭りの雰囲気を味わえるなんてなんてラッキーなんだろう。

今回は恒例の和菓子ポタではなかったがいい雰囲気で私が思い入れの深い豆板が売られていたのでだるま堂本舗に立ち寄った。

e0138081_1081213.jpg


店の方に聞くと豆板は泉州の名産だという。

以前私の実家の厄神さんで厄神祭があるときに必ず同じ場所におばあさんが豆板の店を出していた。

現在でも豆板が祭りの露店で売られていることはあるが、当時からこのおばちゃんのピーナッツ豆板はピーナッツの量がかなり多く、形も歯ごたえも違っていて、うちの家は必ずここで大量買いしていた。

この豆板を買うためあるいは受け取るため実家に帰ったものだ。

ところがある年から突然店が出なくなり、買えなくなってしまった。

それ以来豆板は食べていなかったので思わず引き付けられたというわけだ。

e0138081_10145667.jpg


店の方にいろいろお話を聞くと2週間後に控えた本番に備えて各地区準備に余念がなく、来週には練習ねりが始まるとのこと。

e0138081_10202319.jpg


つまり次週だとだんじりが出てポタリングなどできなかったということだ。

この日だとだんじりも近くで見れるしラッキーだった。

しかもこの地区最大のだんじりが100メートル先で見れるかも...ということなのでいつものようにこれから食べる分とお土産を購入して店を出た。

なんと店の方がわらび餅をサービスしてくれた。

期待に胸を膨らませて先へと進んだ。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2009-08-31 16:42
<< 紀州街道&孝子越街道 to 和... ママちゃりでぶらり >>