Bike Summer 2009

8月23日(日)、Bike Summer 2009に参加してきた。

バイクサマーとは....(以下ホームページより抜粋)

バイクサマーとは、自転車好きが集まって自分達で作り上げる手作りのお祭りです。
日本では2001年に京都ではじめて開催され、その後東京や大阪など場所を変えながら開催されてきました。
お祭りのスタイルも特に決まったものがあるわけではなく、その時その時で、有志が集まってお祭りを作り上げていきます。
このたび2009年のバイクサマーが8/22(土)~8/23(日)の2日間、大阪で開催されることになりました!

....というもの。

以前からその存在自体は聞いていて興味があったが、22日(土)に予定されていたポタが中止となり、ジムに行ってから何気にネットを見ているとこの2日間で行われていることを知り急遽参加した。

連絡をくれたhieちゃん、ありがとう。

集合場所に行くとすでに数十人の人がいたが、見る見るうちに多くの人が集まってきた。

e0138081_9501358.jpg


e0138081_950326.jpg


2日目の23日は4つのコースから好きなものに参加するというもの。

ポタリングなので小径車が多いかなと思っていたが、圧倒的にロードやMTBのほうが多かった。

e0138081_953632.jpg


e0138081_9532749.jpg


e0138081_9535153.jpg


チャッピーさんのアンカーRNC7。

e0138081_954598.jpg


9月末に来るフレームが同じものなので自然とひきつけられる。

イリュージョンオレンジってこんな感じか...

クロモリやけど軽い。

試乗もさせてもらったがやはり加速はすごい。

ただ、ブレーキはかけにくいなぁ。

練習が必要だ。

集合時間には40人近くの人が集まった。

こんなにかわいらしい子も参加。

e0138081_1041541.jpg


各コースのリーダーからの説明。

e0138081_958929.jpg


そしてかいとさん率いる第一陣スタート。

e0138081_958552.jpg


このコースにも行きたかった。

4つのコースから選択できるというのは画期的だがどのコースも行きたかったので一つの体じゃ足りない。

私は、しょうやんさん率いる”大阪せせらぎ巡り”に参加。

大阪の西側、西淀川、此花、港、大正の各区を回るコースで何回行っても迷い抜け出せなくなるところ。

この地を隅々まで知り尽くしているしょうやんさんの案内で散策するので楽しみだ。

e0138081_1033296.jpg


2号線から大野自転車道を南下。

ここはいつも梅田へアクセスするときに交差するがまさか自転車道になっているなんて知らなかった。

まず最初の“せせらぎ”に到着。

e0138081_10641.jpg


どうもせせらぎの里とは下水処理場を利用した公園のことらしい。

e0138081_10113164.jpg


そういえば前回ご一緒させていただいたあじさい鑑賞ポタでも多くの種類のあじさいが広範囲にわたって素晴らしく満開に花咲かせていたところも下水処理場だった。

目に見えるところではなくこういった陰で生活を支えているところにも詳しいしょうやんさんはさすがだ。

ここでブロンプトンで参加されている方を発見。

e0138081_10124155.jpg


埼玉から休暇を利用されてお友達のおとんぴーさんと大阪から京都へとキャンプで移動されているとのこと。

e0138081_10141979.jpg


このあたりではすでにどこを走っているのかわからなくなっている。

ところどころ急にきたところのある場所に出てくるからなおさらわかっていないことを思い知らされる。

安治川トンネル。

e0138081_10155256.jpg


以前この界隈を抜け切れず迷いに迷ってたどり着いたところだ。

e0138081_1019409.jpg


各地で再開発が進む中、いまだにこういったアナログ的な感じが残っているのが不思議でありほっとする。

”富士山を見に行きましょう。”としょうやんさん。

富士山??

どういうことやろ....

e0138081_10213780.jpg


おおっ、富士山!!

銭湯の壁が富士山なのはよくあるが、上に富士山とは。

そして関西汽船の旧発着場へ。

この地図をよく見てとのこと。

e0138081_1024951.jpg


何か仕掛けがあるのか....

e0138081_10244251.jpg


折り重なって食い入るように地図を見る参加者の皆さん。

おっ...

e0138081_10254070.jpg


東海道新幹線が新大阪までしか走っていない。

この地図はどうも大阪万博のころものもらしい。

よくこんな地図が現在まで掲げられていたものと驚いたが、それ以上にこういうものまで注意深く見ているしょうやんさんにも脱帽だ。

次のせせらぎへ。

e0138081_10282644.jpg


ここからは大阪名物・渡船巡りも加わる。

あじさい鑑賞ポタでもいくらか行ったが今回はどこへ行くのか楽しみだ。

e0138081_10312547.jpg


何渡船やろ?

名前チェックするの忘れた。

e0138081_10442483.jpg


これだけの人と自転車が乗ると通勤ラッシュさながらだ。

e0138081_10354247.jpg


ひとつの川や運河を渡るのに渡船を使う。

この忙しい世の中こんな味のあることをできることが素晴らしいし、生活の一部になっていることが不思議であり奇跡だ。

千歳渡船場。

e0138081_103631100.jpg


e0138081_10365489.jpg


船町渡船場。

e0138081_10374682.jpg


e0138081_10381065.jpg


もはやいただいた地図を見てもどこにいるのか分からない状態。

次も渡船を使う予定だったが待ち時間の関係で橋を渡ることに。

e0138081_10395055.jpg


“あの橋渡らなあかんのかー”としょうやんさん散々嘆かれていたが実はこの眼鏡橋一度渡ってみたかったので楽しみだ。

ここは木津川飛行場の跡地だったとのこと。

e0138081_10414510.jpg


最初はゆっくり登って行ってたが....

”ロードやとこんなに軽く速いんですよー”とスーと横を通り過ぎるチャッピーさん。

それよりさらに前にtakuさんがでて後ろをちらっちらっとみて誘いをかける。

そしてこうなった以上必然的にもうダッシュ。

takuさん、チャッピーさん、ものすごいスピードで坂を駆け上がる。

ついていくのがやっと。

そしてぐるぐる回るのが終わり、直線になって眼鏡橋を上から写真を撮ろうと思ったときに風のようにチャコさん(?)が抜き去っていく。

追いかけようとしたが全く届かず。

橋の上まで行くと風がかなり吹いていて心地いい。

e0138081_10522956.jpg


ポタの中でも1本こういうのがあっても面白いなぁ。

takuさんの大満足の笑顔が印象的だった。

もっともディープ感あふれるせせらぎへ。

e0138081_10542527.jpg


イチジクの実がなっている。

e0138081_10545480.jpg


茅葺のあずま屋に水車。

上から見ると....

e0138081_10563018.jpg


まわりは工場に囲まれているがこの一角だけ落ちつける公園。

知らないと行こうと思わない場所だろう。

ここからは北上。

e0138081_10584271.jpg


e0138081_10591952.jpg


千本松渡船場。

e0138081_1101479.jpg


ここは前来たところだ。

e0138081_1104059.jpg


自転車で走りやすい迷宮の路地を進み...

e0138081_112180.jpg


スタート地点まで戻った。

それにしても個人で言ったら絶対に味わえないディープなコースで現実でなないかのよう。

この界隈の知られざる世界を堪能した。

他のコースの方を待っている間におもしろいMTBを発見。

e0138081_1152731.jpg


フロントがタイヤのハブの片方にのみつながっている。

これでバランスがとれるのか?と聞いてみるとこのほうがねじれが少ないのだそう。

打ち上げはリンゴ村・沖縄料理の八重山

e0138081_12193992.jpg


ここでも抑えきれないエネルギー爆発。

おいしい料理に舌鼓しつつも自転車話で花が咲いた。

e0138081_11114991.jpg


海ブドウ、初めて食べたが不思議な食感でいける。

e0138081_11131172.jpg


e0138081_11132665.jpg


e0138081_11135275.jpg


話をしていてますます東京の下町をブロンプトンでポタしたくなった。

谷中、神田あたり。

江ノ電沿いから鎌倉もよさそう。

また新たな刺激を受けテンションは上がる一方。

始めから終りまで思いっきり楽しめた一日だった。

こういう素晴らしい企画を実行してくださったスタッフの皆さま、大阪のディープどころを案内してくださったしょうやんさん、そして楽しい時をご一緒させていただいた参加者の皆さま、どうもありがとうございました。

またこれからご一緒できること楽しみにしています。
[PR]
by tac-phen | 2009-08-25 12:20
<< 痛っ! 青春18切符の旅 第三弾④(東... >>