青春18切符の旅 第三弾④(東尋坊~越前海岸~敦賀)

青春18切符の旅 第三弾③(福井~芦原温泉~越前松島の続き)

体にだるさを感じながら東尋坊への入り口を入る。

e0138081_10424276.jpg


e0138081_10432969.jpg


岸壁にいくつも洞穴が見える。

遠くには雄島。

e0138081_1044282.jpg


そして東尋坊に到着。

e0138081_1045230.jpg


ぱっと見それほどの迫力を感じなかったが....

e0138081_1046450.jpg


恐る恐る岸壁に身を乗り出し覗き込んでいくと...

e0138081_1046453.jpg


やはり怖い!!

e0138081_10473424.jpg


e0138081_1048612.jpg


へっぴり腰でカメラだけを差し出して撮影。

コロンと転んだら終わりでしょう!!

ある家族の会話。

父 ”〇〇(子供の名前)、こんな高いところから飛び降りる人がおるんやぞ。”

子 ”知ってるよ。 バンジージャンプやろ。”

母 ”違うわ! 死ぬんや。 死ぬためにここに来て飛び降りるんや。”

子 ”みんなここに死ににきてるん?!”

母 ”あほか!”

口の悪いお母さんだったが思わず笑ってしまった。

それにしてもここの岸壁の造形美も見事だ。

e0138081_10532765.jpg


e0138081_10534517.jpg


石柱を何本も折り重なるように立てたようだ。

e0138081_10544787.jpg


e0138081_10551311.jpg


e0138081_10552841.jpg


こんなすばらしいところが飛び降り自殺の名所だなんて信じられない。

全体ではこんな風になっているらしい。

e0138081_10564810.jpg


写真を撮りながら歩き回っているときも汗のかき方が異常だし、足が重くて仕方がない。

とりあえずおみやげ物屋さんでドリンクを飲んだがこれがまた異常においしかった。

食事もしっかり取ったのになぁ、と思いながら再びスタート。

e0138081_10593681.jpg


越前海岸を目指す。

しばらく走ったがやはり体が重い。

先ほど飲んだドリンクが驚くほどおいしかったのでもしかしたら水分か塩分不足かもしれないとコンビニがあったので立ち寄った。

梨ドリンクとスポーツドリンクを買ってのむとこれまたおいしい。

2本とも一気に飲んでしまった。

そして半信半疑のまま出発。

三国から九頭竜川を越える。

e0138081_1154861.jpg


右手にはテックランド福井があり海はまったく見えず。

まっすぐな何の変化もない道は退屈だ。

e0138081_1165428.jpg


福井市入り。

しばらくすると海が見えてきた。

e0138081_1175510.jpg


墓石が並んだような岩。

e0138081_1185017.jpg


e0138081_1191875.jpg


こういう変化のある地形と海を見ながらのサイクリングは飽きがこない。

e0138081_11101866.jpg


この日も快晴、海面がきらきらきれいで海水の透明度も最高だ。

e0138081_11113739.jpg


e0138081_1112573.jpg


そうしているうちに知らぬ間に体の重さもなくなり足も回っていた。

先ほどのドリンク2本の一気飲みが効いたのか...

体の調子もよくなりだんだん楽しく快適になって来た。

神の足跡。

e0138081_11134340.jpg


確かに巨大な足跡に見える。

e0138081_11143414.jpg


この辺りから岩の形が変わり平たい岩盤が海に突き刺さったようなものになってきた。

遠くを見ると水平線がずっと続く。

e0138081_1115581.jpg


海岸沿いのわりにはアップダウンが全然ない負荷のかからない道。

越前町入り。

e0138081_11174225.jpg


もうすぐ越前岬か...

潮吹岩と書いてあったが...

e0138081_11191245.jpg


潮を吹いているところは見られず。

e0138081_11194420.jpg


このあたりの岩はまた質も形も違っている。

e0138081_11204737.jpg


e0138081_1121157.jpg


呼鳥門。

e0138081_1123437.jpg


巨大な岩が倒れてできたトンネルのように見える。

e0138081_11241362.jpg


”左右”と書いてあるので何かときょろきょろしたが....

e0138081_11251793.jpg


町の名前みたい。

e0138081_1126214.jpg


ここら辺りからこうやって岩が飾られているところがあったがイベントでもあったのか?!

e0138081_11271122.jpg


それにしても越前岬になかなか着かない。

e0138081_112746100.jpg


あの先のとがったところがそうだろうか...

e0138081_11285556.jpg


e0138081_11292029.jpg


そうしているうちにどこかの集落へ入った。

e0138081_11303149.jpg


これまで来た日本海の海岸沿いは小さな集落がそれぞれはなれてぽつんとあった程度だが越前海岸はそれぞれの集落が大きく、それぞれの距離も近かったのでずっと集落内を走っている感じだ。

e0138081_1132208.jpg


見よ、このきれいな海水と砂浜。

e0138081_1132566.jpg


そしてこの海岸沿いでは多くのダイバーを見かけた。

e0138081_11334563.jpg


e0138081_1134012.jpg


河野に入ると一転、雰囲気の違った家と蔵を見かけた。

e0138081_11371510.jpg


この右近家は千石船を30隻ほど所有し、大阪・敦賀・北海道の日本海交易において大活躍したとか。

e0138081_11393575.jpg


e0138081_11395310.jpg


大きな蔵がたくさん立ち並ぶ。

e0138081_11404122.jpg


e0138081_11405893.jpg


この日本海交易で巨万の富を得たのだろう。

e0138081_11413284.jpg


屋敷より蔵の数のほうが多いのではないだろうか?!

e0138081_11421735.jpg


道端では梅をたくさん干していた。

e0138081_11425497.jpg


河野を離れてしおかぜラインへ。

e0138081_11441243.jpg


ここからは特徴的な岩もなくなり、遠くに敦賀半島がかすかに見える海があるだけ。

e0138081_11463131.jpg


そこでここからは走りを楽しむことに。

越前海岸はほんとにアップダウンもなく平坦な道が続く。

少し拍子抜けするくらいだ。

ただスピードを上げて走りを楽しめるコースでもある。

国道8号線に合流するまでは快適なライドを楽しめた。

e0138081_11492173.jpg


敦賀市入り。

ただ8号線に入ってからは車の量、特に大型トラックの量が増え油断できない状態に。

e0138081_1158546.jpg


この時点で1時過ぎ。

めちゃがんばれば大津ぐらいまでいけるかもと野心が沸いたがすぐさま捨てる。

e0138081_11592332.jpg


ずっと遠くに見えていた景色もくっきりしてきた。

そして敦賀市街へ。

e0138081_1202263.jpg


ゴールの敦賀駅に到着。

e0138081_121540.jpg


2時20分の新快速で帰路につく。

ただ前回もそうだったが敦賀駅からは新快速の発着駅であり平日にもかかわらず多くの人が乗るため座席の確保は大変だ。

早めに並んでおくほうがよさそうだ。

列車の中では青春18切符の旅を完了したご褒美として....

e0138081_1241275.jpg


ファミマでかったミルク金時と...

e0138081_125770.jpg


Wクリームエクレアを堪能。

車窓を眺めながらのんびりと過ごし、無事帰宅した。

e0138081_1264077.jpg


青春18切符を使って初めて旅をしたがブロンプトンとあわせると非常に使い勝手のいいものだとわかった。

青春18切符だからこそ安価で行くこともできるしローカル線に乗ることもできる。

途中下車を頻繁に使っていく方法もいけそうだ。

ブロンプトンを買ったとき、こういうことがしたかったんだと再認識しながら旅を楽しんだ。

とりあえず5回分は終了したがまだまだ行きたい所やルートが出てきて旅行熱は収まりそうにない。

あーっ、また旅にでたい。

ブロンプトンと共に。

(了)
[PR]
by tac-phen | 2009-08-22 17:54
<< Bike Summer 2009 青春18切符の旅 第三弾③(福... >>