青春18切符の旅 第三弾③(福井~芦原温泉~越前松島)

青春18切符の旅 第三弾②(丹後半島:経ヶ岬~伊根~天橋立)の続き)

天橋立から北近畿タンゴ鉄道で西舞鶴まで1時間弱の旅。

まだ外は明るく海沿いを走るので車窓の景色をのんびり楽しむ。

e0138081_189022.jpg


走りつかれた体を癒すようにかたんかたんとリズムよく列車が揺れるのが心地よい。

e0138081_18105022.jpg


西舞鶴でJRに乗り換え東舞鶴へ。

e0138081_18113954.jpg


西舞鶴と東舞鶴で次の電車待ちがあわせて1時間強。

東舞鶴を出るころには外は暗くなっていた。

外が暗いと電車に乗ってても面白くない。

眠ろうとしたが全然眠れず....

敦賀までの2時間弱がつらかった。

思えば青春18切符の旅 第2弾で佐用~鳥取の電車の旅がよかったのはほとんど明るいうちでの移動で車窓の景色を楽しめたからだ。

まあ、暗いうちに移動できるので次の日時間をたっぷり使えるということを考慮すればかなりの利点ではあるのだが...

敦賀からさらに1時間弱で福井。

到着したときにはほぼ夜の10時だった。

結局この日朝とあわせると待ち時間も含めて9時間弱電車に乗っていることになる。

さすがにこれはしんどかった。

福井も鳥取と同様、ほとんどの店が閉まっている状態で晩ごはんを食べるところを探すのに一苦労。

ホテルに入りシャワーを浴びベッドに入ったのは12時過ぎ。

明日も朝4時半おき、ゆっくり寝て疲れを取らないと...と思うがなかなか寝付けない。

青春18切符の旅 第2弾でも寝付けなかった。

旅行は大好きで電車の中であろうが外であろうがちょっとした時間どんな場所でもすぐ眠ることができたのにどうも最近はそうでないみたいだ。

カフェイン含有量が多いお茶を水分補給として大量に取っているからだろうか...

寝たのか寝なかったのかよくわからないまま8月18日(火)の朝を迎えた。

目は少し血走っていてとろんとしている。

ストレッチをすると体も楽になってきた。

天気予報を確認し、タイヤに空気を入れ、荷物を詰めなおして6時過ぎにチェックアウト。

この日もいい天気である。

e0138081_18314886.jpg


ここのホテルはバイキング形式の朝食がついているのでがっつり食べ朝のエネルギー摂取。

ご飯2膳、スクランブルエッグ、ウィンナー多数、味噌汁、ヨーグルト、デニッシュ4個としっかり。

7時過ぎの列車で福井から芦原温泉へ。

e0138081_18311620.jpg


この日はここから自転車がスタート。

いつもは朝ごはんを食べてから動き出すまで2時間以上は空けるのだがこの日はこの後観光・写真ポイントをすぐに行く予定なのでウォーミングアップのつもりで軽く走ることにしてすぐスタートした。

e0138081_18363111.jpg


日をいっぱい浴びた田んぼはきれいだ。

e0138081_1837361.jpg


まずは東尋坊方面へ。

e0138081_18383469.jpg


海面がきらきらと美しい。

e0138081_18391467.jpg


越前松島。

e0138081_1839497.jpg


e0138081_1840767.jpg


いきなり芸術的な岩の造形が立ち並ぶ。

e0138081_1841337.jpg


水の透明度も高い。

e0138081_18413399.jpg


e0138081_1842891.jpg


e0138081_18422268.jpg


朝の光を浴びると岩や海の色も違って見える。

e0138081_18432858.jpg


観音洞。

e0138081_18441542.jpg


この洞窟も自然現象でできたもの。

e0138081_18445688.jpg


奥には観音菩薩が祀られている。

e0138081_18454530.jpg


洞窟の中から外を見てもきれいだ。

e0138081_18461129.jpg


e0138081_18464051.jpg


e0138081_18472979.jpg


ここは長茶が浜と呼ばれる。

昔お殿様をはじめ多くの風流人がやってきては景色を眺めながら時間がたつのを忘れて長い間お茶を飲んでいたのでそう名づけられたとの事。

このあたりの岩は東尋坊と同じ輝石安山岩だが岩の節理が面白く材木を積んだようなので材木岩と呼ばれる。

e0138081_18505332.jpg


e0138081_18512887.jpg


e0138081_18514119.jpg


この岩の表面の模様の向きが二つあるがこれは溶岩の流出が少なくとも2回あったことを示しているらしい。

e0138081_18531424.jpg


聖り穴。

e0138081_18534363.jpg


越前松島を離れ海岸沿いを西へ。

e0138081_18545437.jpg


これは松なんだろうが裸同然の寂しさがある。

e0138081_18552887.jpg


雄島へ。

e0138081_18563692.jpg


e0138081_1856141.jpg


トンネルを抜けると...

e0138081_18573278.jpg


e0138081_18574588.jpg


赤い橋が鮮やかだ。

e0138081_18583889.jpg


近くに行くと表面がはがれまくっていて汚い。

e0138081_1859611.jpg


これも自然がなせる芸術だ。

e0138081_18593242.jpg


ここから集落を見ると”魔女の宅急便”で出てくる街のように思えた。

この日も快晴で暑かったが何か流れる汗が普段と違うような気がしてきた。

足の回転も鈍く、この辺りはのんびり走ったが眠りが浅かったせいかスッキリ目覚めてない感じ。

朝ごはんを食べてから間を空けずに動いたからだろうか....

e0138081_1924422.jpg


景色を見ると目がさえるのだが...

そして東尋坊へ。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2009-08-21 17:07
<< 青春18切符の旅 第三弾④(東... 青春18切符の旅 第三弾②(丹... >>