ブロンプトンとゆかいな仲間達と行く京都ツアー(前編)

7月18日(土)のメインイベントであるotakeさん企画・主催の京都ツアーにブロンプトンオーナーであるゆかいな仲間達と行ってきた。

安くてハンパない量のお好み焼きを食べ、その後のんびり京都を散策するというツアーだ。

待ち合わせのJR京都駅に着いたときには、西国街道リベンジを無事終え、安堵感と早朝からのライドでかなりの空腹。

全員そろったところで早速出発。

まずはとにかくものすごい量で人気のお好み焼き屋ジャンボへと向かう。

e0138081_17552457.jpg


おっとりとした雰囲気を持ったotakeさん、超のんびりポタを想定していた。

それからは想像のできないほどのいきなりの激走で皆の度肝を抜く。

空腹の中の激走でかなり堪えたがかなりの量を食べるためにはとひたすらペダルをこぐ。

ちょうど開店したところに到着。

e0138081_17584639.jpg


行列ができるほどの人気店らしいが開店直後だったのですぐにテーブルにつくことができた。

だがその直後から次から次へと人が入ってきた。

修学旅行生もガイドに引率されてきた。

あっというまに満席、待ちが出た。

e0138081_1835446.jpg


やはり開店直後を狙ったのはすばらしい判断だ。

天井のクーラーから冷気が白く噴射しているように見えるほど近々に冷やしている。

e0138081_1805634.jpg


3人ずつ2テーブルにわかれて座ってそれぞれテーブルごとに焼きそばとお好み焼きを1人前ずつ注文。

e0138081_1845420.jpg


e0138081_1854568.jpg


お好み焼き1人前、750円。

e0138081_186264.jpg


e0138081_1864329.jpg


焼きそば1人前の量 750円、キャベツ山盛り。

e0138081_1873786.jpg


出来上がり。

空腹で目が回りそうになっていたので飢えた犬のようにほおばる。

量だけでなく味もおいしい。

e0138081_1894585.jpg


しっかり食べれて大満足。

e0138081_18103985.jpg


さあメインイベントを終えさあこれからのんびりポタへと出発したときになんと前輪のタイヤの空気が抜けていることに気付いた。

あーあ、パンクや...

近くの公園でパンク修理をする羽目に。

皆さんのサポートをいただきパンク修理に取り掛かった。

がチューブを調べても空気が抜けていく気配がない。

とりあえず予備のチューブを持ってきていたのでそれに交換した。

全員がブロンプトンオーナーでブロンプトンについては熟知されているので精神的にもすごく救われた。

積極的にヘルプしてくださった皆様に感謝です。

”ここからはのんびり行きますので”とotakeさん。

ジャンボに向かったときの激走とは裏腹にのんびりと京都の町を走り、下鴨神社へ。

e0138081_18224433.jpg


駐輪しているだけでも絵になるブロンプトン兄弟達。

e0138081_18233553.jpg


e0138081_1824891.jpg


露店も出てにぎわっていた。

e0138081_18251637.jpg


e0138081_18245236.jpg


e0138081_182678.jpg


ちょうどみたらし祭の最中との事。

”足つけ神事”というのをやってみた。

e0138081_1830211.jpg


こうやってはだしで”みたらし池”を歩き、ローソクをともす。

e0138081_18304414.jpg


e0138081_1831548.jpg


そして無病息災をお祈りするというもの。

e0138081_18314898.jpg


この神社に沸いている井戸水が冷たくておいしかった。

e0138081_18324727.jpg


お経が書かれた足型に自分の名前を書いて水に浮かす。

e0138081_18342217.jpg


ここでxinyiさんが合流。

ゆかいな仲間達が全員そろった。

賀茂川沿いを北上。

e0138081_1837875.jpg


上賀茂神社。

e0138081_18381113.jpg


e0138081_18385058.jpg


立派できれいな神社でサイクリングの時にはよく立ち寄る。

e0138081_18395226.jpg


e0138081_18401793.jpg


去年もそうだったが、上賀茂神社は暑い盛りのときに来てもひんやりと気持ちよく落ち着ける空間だ。

e0138081_18405635.jpg


e0138081_18412546.jpg


e0138081_18414545.jpg


e0138081_1842414.jpg


今回企画・主催していただいたotakeさん, マイペースでおっとりとした方で、この後もこのように京都の名所を回ってのんびりと過ごしていくのだろうと疑わなかった。

京都人でありながら、行く先々で首をかしげ、”のんびり関西マップ”で確認しながら先導するotakeさん、”京都を知らない京都人”というのが皆の共通認識になりかけた。

そういったイメージを一気に跳ねのけ、最後には”すごいで、otakeさん、 さすが京都人や。” ”ここまでやるとは思わんかった”と大絶賛されるまでに至った大逆転劇がこれから始まるのである。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2009-07-21 19:39
<< ブロンプトンとゆかいな仲間達と... 青春18切符の旅 第一弾(サマリー) >>