やっぱりこうなったか!!坂好き達のポタリング(前編)

やっぱりこうなったか!!坂好き達のポタリング(サマリー)で書いたように7月11日(土)にJun SkywalkerさんTUYAさんとポタリングに行ってきた。

前々日まで降水確率70%の雨の予報。

半ばあきらめかけていたが前日になり奇跡的な予報の改善。

テンションが急激にアップし朝を迎えるとやはり雨の心配はなさそう。

午前5時の天気予報で確認して”GO"メールをお2人に送信。

それから家を出てJR京都駅まで輪行。

e0138081_745921.jpg


鴨川沿いを北上していく。

e0138081_7454266.jpg


朝の川沿いは静かで景色が澄んでいる。

e0138081_7462789.jpg


e0138081_7463848.jpg


e0138081_747968.jpg


待ち合わせの出町柳にかなり早く着いたのでゆっくり休憩。

e0138081_748767.jpg


e0138081_7571579.jpg


うろうろしているとロード数台がとまっているのを発見。

e0138081_7495291.jpg


写真を撮らさせていただきお話した。

これから宇治まで行き琵琶湖大橋を渡って戻ってこられるという。

琵琶湖大橋で会うかもしれませんね、などと談笑。

e0138081_7565449.jpg


お話していただいた方は自転車人さん。

家に帰ってきてから早速ミクシーで交信した。

また新たなサイクリストとお知り合いになれてよかった。

e0138081_7561883.jpg


待ち合わせの叡電出町柳駅に行くとJun Skywalkerさんが来られてて自転車を組んでいた他のサイクリストの方々と話されていた。

e0138081_7582765.jpg


これから鞍馬のほうへ向かわれるとの事。

e0138081_7592697.jpg


お気をつけて。

しばらくしてTUYAさんが来られた。

早速記念撮影。

e0138081_811795.jpg


今日はのんびりポタの予定。

しかし....

Junさんが”近くにすごい坂がありますよ。”

当然こうなるだろうと皆気構えはできていたのでTUYAさんも私も即”行きましょう”。

下鴨本通りを北へ。

深泥池。

e0138081_87194.jpg


横の道を通っていくと登りが始まってきていきなり急坂に。

いきなりダンシングでも苦しい。

ふらつき始めたときに車が来たので思わず足をついてしまった。

このままでは悔しいので再度挑戦。

e0138081_894470.jpg


写真ではわかりにくいが斜度25%とのこと。

今度はさらに気合を入れて力強く踏み込む。

とまってしまったら終わりなので必死に脚を回して何とか登りきった。

e0138081_8112871.jpg


急坂を制して陶酔。

まだ始まったばかりだがかなり足を使った。

再び出発。

e0138081_81506.jpg


Junさんに引っ張っていただき旧鞍馬街道を北上。

e0138081_816924.jpg


この旧街道の走りやすい。

そして市原から江文峠へ。

想像以上のものすごいスピードで登っていく。

こんな調子で最後まで持つのか!?

とたんに不安になってきた。

以前逆から下ったときがあったがその時はかなり坂が続いた記憶があったがあっという間に峠の上へ。

e0138081_8202838.jpg


大原を抜けて旧鯖街道を走る。

e0138081_8235297.jpg


それにしてもJunさんはよく道をご存知だ。

トラックが多い367号に比べると雲泥の差の気持ちのいいいい道だ。

e0138081_8245515.jpg


いい感じのお寺があるということで立ち寄った。

阿弥陀寺。

e0138081_826957.jpg


e0138081_8262696.jpg


幻想的な雰囲気。

e0138081_8265871.jpg


e0138081_8271253.jpg


それにしてもこの日は前日にかなり雨が降ったので空気が乾いて心地いい。

こうやって木陰に入るとひんやり。

さらに旧鯖街道を北上。

ここから私が引っ張った。

今までのスピードから自分もかなりがんばらねばとプレッシャーがかかる。

367号に入り坂もきつくなっていく。

ただ後ろを走るお二人のペダリングやチェーンの音が”もっと早く走れ!!”とせかしているように感じる。

スピードを落とすわけには行かない!!

前にロードを数台見えたので当面の目標としてがんばることに。

最後まで持つか...

と思っているとなんと...

e0138081_836466.jpg


峠の頭が見えてきた。

えーっ、こんな近かったっけ!!

以前来たときはかなり長く感じたのに...

一人で走るより複数で走るほうが断然楽に走れる、ということを聞いたことがあるがその効果なのだろうか。

脚も心配しているより疲れていない。

お2人も同じようにご自分の走りに驚かれているようで興奮気味に談笑。

さあここからは極楽10キロの下りである。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2009-07-13 16:25
<< やっぱりこうなったか!!坂好き... 武庫川ぶらり >>