不安解消!再び琵琶湖へ

5月23日(土)は先日記事でも書いたようにまず西国街道をポタリング

道を間違えて嵐山に行った。

この暑い日に予想以上に多くの人が来ていた。

e0138081_21131080.jpg


自分も貴重な木陰を陣取って休憩。

それにしても多くのサイクリストが来ていた。

e0138081_21135997.jpg


e0138081_21142056.jpg


e0138081_21144788.jpg


嵐山は人出で走りにくいがサイクリングロードの終点で、北山へもアクセスしやすいので自然と集まってくるのだろう。

e0138081_2116954.jpg


この時点では自走でサイクリングロードをつないで帰るか、どこか行くかは決めてなかった。

そこでとりあえず出町柳へ向かうことに。

ある程度走って足がいけるかどうか確かめたかったからというのもあった。

嵐山から東へ向かうときはいつも嵯峨野の里を通る。

e0138081_21184631.jpg


清涼寺の前をとおり嵯峨野をぬけ、広沢池から京都北山サイクリングのときにJun.Skywalkerさんに先導していただいた走りやすい裏道を通った。

花園駅手前のところから大通りに出ず、新たに裏道を試した。

するりするりと止まることなくスムーズに走れ、たどり着いたのは...

e0138081_21235975.jpg


出世稲荷。

なんというストレートな名前だ。

そこからすこし南に下ってまた裏道を通るとこれもスムーズに走れる道。

二条城まですぐについた。

そこから出町柳までもすぐ。

e0138081_21415185.jpg


西国街道で意識していたせいか、初めて出町柳の賀茂川沿いで鯖街道の石標を見つけた。

出町柳ではまたも休憩をかねて次どうするかを考えた。

e0138081_214316100.jpg


その間にパチリ。

e0138081_21434715.jpg


このまま自走で帰るのも距離を走るしいいのだがなどこか新しいコースに行けたら...

と考え、大原~途中~琵琶湖と行くことに決定。

時間もないのですぐスタート。

大原までは走りなれたコースだが意外と距離を感じた。

それでも脚に不安はなく体全体は軽い。

ギアチェンジを頻繁にし、きつめの登りでも踏み込まないようにペダリングも乱れずまっすぐまわすように心がけた。

大原の里を経由したがこの季節菜の花が消え、紫蘇もいまいちなのでどちらかというとさらに素朴感があった。

e0138081_21404766.jpg


大原で石標に反応。

e0138081_21445875.jpg


こうやってみるといろいろなところに石標は残っているんやな。

再び367号に出て途中峠を目指した。

e0138081_21463081.jpg


出町柳~大原よりもややきつめの登りが続く。

表示されている距離よりスピードがない分時間がかかる感じを受ける。

ただ登れない斜度ではない。

途中トンネルの手前までで2回ほど下りをはさんでの登り。

脚も痛みも攣りも出ず順調。

滋賀県入り。

e0138081_21485983.jpg


トンネルの入り口が見えたので後は下りだけだ。

近々、京都から途中を通って近江今津までのポタを考えていたがこの先の峠はさらにきついのでかなりの覚悟かコース変更を考えたほうがいいかも。

ここから急な下りが続く。

トラックも頻繁に通り過ぎるのでカメラを片付け、走りに専念。

車が少なくなると気持ちいい。

この気持ちよさが10キロほど続いた。

そして再び...

e0138081_2153373.jpg


錆だらけの観覧車。

でもランドマークとしての役割は充分果たしている。

e0138081_21531376.jpg


前回のビワイチでは疲労困憊と安堵でこの巨大カニに気がつかなかった。

琵琶湖大橋を再び登って行って...

e0138081_21565989.jpg


おーっ、今日はヨットがたくさん出てるなー、と気持ちにも余裕あり。

そして守山市入り。

e0138081_21575967.jpg


ひつこいようだが前回のビワイチでは守山市のボードを見たとき”助かったー”と涙が出そうだった。

そして湖岸を南下。

e0138081_21594664.jpg


ポタリングカップルを”こんにちわー”と軽快に挨拶をして横を通り過ぎる。

やはり体が万全だと気分が全然違う。

周りの風景にも目が行き届く。

e0138081_222238.jpg


e0138081_2222014.jpg


e0138081_2224476.jpg


e0138081_223155.jpg


風も緩やかで湖面を見ながらのライドは最高だ。

e0138081_2245751.jpg


e0138081_2254686.jpg


走りながらの写真も余裕がある。

e0138081_2265938.jpg


e0138081_22719100.jpg


e0138081_2273720.jpg


やはり天気がいい日はポタリング+写真がいいな。

曇りの日にロングライド。

近江大橋まであっという間、大津でリラックスタイム。

e0138081_2210758.jpg


e0138081_2210242.jpg


この日一番気持ちよかったときに撮った写真。

e0138081_22105674.jpg


湖岸の斜面に寝転んで見上げた空。

このまま眠ってしまいそうだった。

e0138081_22115432.jpg


湖は淡水なので風がねばねばしていない。

大津、ええところやなー。

e0138081_22132182.jpg


ごろごろしてたらお腹が急激に空いてきたのでいつもの...

e0138081_221479.jpg


といっても2回目やけど。

店の中は相変わらずだ。

e0138081_22153162.jpg


e0138081_22155224.jpg


e0138081_22161148.jpg


相撲放送に食い入るように見るご主人。

今回はカツカレーにした。

e0138081_22165577.jpg


比較のため、サングラスをおいたがそのすごさがわかるだろう。

カレー皿からあふれるので受け皿もついている。

それでもあっさり食べれた。

サイクリングの後は怖いものなしだ。

食べ終わって外に出ると陽が落ちていた。

e0138081_22191920.jpg


e0138081_22193671.jpg


ゆっくり湖岸を廻っていつものようにJR大津駅までの道を迷いつつ輪行で帰路へ。

e0138081_2220453.jpg


体に異変もなく元気なまま終了できて大満足。

時間がたつにつれ安堵できてそれに比例して楽しいライドだった。

やはりいつもビワイチでのレビューで確認したことを思い出して万全な準備で臨もうとの気持ちを強くした。

自転車をケアするように当然体もケアしなければ、その大切さを再確認できた。
[PR]
by tac-phen | 2009-05-28 16:28
<< 時間を有意義に使うために... 西国街道(後編) >>