北国街道の宿場町の雰囲気ただよう町-滋賀県伊香郡木之本町

先日のビワイチの際に立ち寄った滋賀県伊香郡木之本町。

e0138081_16334422.jpg


北国街道沿いの宿場町で今でもその情緒ある風情が残っており、いろいろなブログで紹介されていて是非行きたいと思っていた所。

今まで去年初めて湖北を走ったとき、今年の湖北桜ポタ湖北ドライブと3回近くまで来ているが、余呉湖に行った後は長浜というルートを通っていたので、木之本町の中心を訪れたことはなかった。

国道8号線からJR北陸本線の踏み切りを越えるととたんに雰囲気が変わる。

e0138081_16462376.jpg


古い街並みが当時の風情をそのままに残されている。

e0138081_1649324.jpg


日本の薬剤師の第1号といわれた薬店。

e0138081_165176.jpg


e0138081_16512857.jpg


宿場の本陣跡でもある。

e0138081_16524964.jpg


e0138081_16534523.jpg


江戸時代の主要道であった北国街道の北国脇往還と北国街道の分岐点にあったという。

e0138081_16561660.jpg


江戸時代には木之本宿場として人馬の往来も激しく、旅籠や商家が軒を連ねていたらしいがそれが今もうかがい知れる。

e0138081_16575145.jpg


e0138081_1658745.jpg


e0138081_16583913.jpg


蓮如上人ゆかりのお寺、明楽寺。

e0138081_16594675.jpg


木之本地蔵院。

e0138081_1713216.jpg


木之本は昔から地蔵さんとともに生き、地蔵さんの門前町として栄えてきたという。

今回中へは入らなかったが次回は是非。

メインの街道から奥の路地もノスタルジックな雰囲気。

e0138081_1751139.jpg


e0138081_174858.jpg


e0138081_1744279.jpg


e0138081_1753174.jpg


ビワイチを忘れてこの雰囲気に浸りきってしまいたい衝動に駆られた。

木之本に来たもうひとつの理由は...

e0138081_1765923.jpg


e0138081_1775242.jpg


つるやパンのサラダパン。

数はたくさんあったが買うまでには時間がかかった。

e0138081_1784470.jpg


地元の学生で店はいっぱい。

店内には”サラダパン”Tシャツも飾ってあった。

e0138081_17124347.jpg


早速食べてみる。

e0138081_1795818.jpg


写真ではわかりにくいが中身はたくわんをマヨネーズであえたもの。

非常にシンプルだがこれが意外とおいしい。

地元の人にも愛され、ブロガーの方々も取り上げる意味がよくわかった。

e0138081_17131192.jpg


今回は30分ほどの短い時間だったが今度はポタリングで訪れてじっくり木之本の町を散策したい。

e0138081_17172268.jpg

[PR]
by tac-phen | 2009-05-21 16:53
<< ビワイチ!(レビュー)-快適な... ビワイチ!(後編) >>