ポタリングをより楽しくする方法

数年前にママチャリで近所を探索しはじめてから、可能な行動範囲がかなり広く、また住み慣れているところでも知らないとこるがたくさんあることを知った。

また探検気分で地図を見ては面白そうな場所を探し、そこからは思いつきでかどを適当に曲がったりして遊んだ。

子供の頃大好きでテレビでよく見た”トム・ソーヤの冒険”気分だった。

今でもその探検気分でわくわくしながら走っている。

それに加えて、ここ1年ぐらいで楽しみが複次的に増えてきた。

例えば、1回のポタリングで期待できる楽しみは...

・ 地図を見てプランを立てるときのわくわく感

・ 知らないところ(ランチ・スイーツを含む)への探検・発見

・ 適度な運動による爽快感

・ おいしいものをよりおいしく食べれる満足感

・ 訪れた土地の数々のお土産

・ ブログを書き、写真を見ての楽しみの再確認

さらに...

・ ブログを通じての交流・情報交換による新鮮な刺激

・ ブログを通じて知り合った人とポタリングに行くという未知・想像のつかないどきどき感 

・ そしてほとんどの場合、初めて会ったにもかかわらず旧知の仲のようでめちゃ楽しかったという驚き。

などがある。

これらはブロを購入して半年くらいで経験したことでこれが自転車の醍醐味なんだとわかったような気持ちでいた。

ところが最近、予想外の新たな楽しみが出てきた。

まずはこれ。

e0138081_7374081.jpg


JET BOIL。

手軽にアウトドアで湯が沸かせ、しかも熱を他のものに影響を与えないつくりになっているのでかばんに入れても大丈夫という代物だ。

最近、kimotoshiさんとポタリングに行くと登場する必須アイテムになっている。

しかも”ザ・テレビジョン”のレモンのように各名所を背景にJET BOILの写真をとるということもしている。

ちなみに上の写真は飛鳥・甘樫丘。

e0138081_7464655.jpg


海津大崎、桜とのショット。

e0138081_7491319.jpg


余呉湖。

さらに、kimotoshiさんのブログには飛鳥・石舞台古墳、長浜編があるので興味がある方は是非ご覧を。

そしてもうひとつの楽しみは...

e0138081_7502553.jpg


ピクニックである。

ポタリングといえば今まで基本的に走る時間がほとんどだったがメインがピクニックで加えてポタというのもいいかも。

考えてみれば輪行もできるし、食べ終われば荷物にならないのでそれほど負担にならない。

どうして今まで思いつかなかったのだろう。

両方に共通することは今まで店に入っていた時間をもアウトドアを満喫できるということ。

これからの季節、外でいることが気持ちのいい貴重な時間である。

その時間をさらに有効に使える。

お弁当とまでも行かなくても、和菓子などを買って外でお茶するだけでもぐっと満足度が高まる。

これらの楽しみを体験できたのは、すべてポタ友のおかげ。

感謝すると共に、自分もなにか新たな刺激を提供しなきゃ。

こうやって考えると自分の知っている楽しみはほんの一部分でこれからもっともっと新たな楽しみ方を経験できるかもしれない。

ますます期待に胸が膨らみ、ポタリングに積極的になりそうだ。
[PR]
by tac-phen | 2009-04-18 11:36 | 雑感
<< 奈良でポタリングを満喫(サマリー編) 福吉(中華料理) >>